Grace VanderWaalは、アメリカの女性シンガーソングライターの一人である。デビューした年は2016年で、まだ12歳の頃だった。「12歳のシンガーソングライター」として大きな注目を浴びた彼女は、アメリカで放送されている公開オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」のシーズン11の優勝。これはビアンカ・ライアンに次ぐ2人目の女性勝者であり若さである。デビューしたばかりの彼女はまだ来日などは果たしていないものの、Twitterで行きたい国は日本と答えているなど親日家な一面を窺わせる発言もしていた。ファンの間では早くもわずか12歳の歌姫の来日公演に期待が高まっている。

Grace VanderWaalの日程

22人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Grace VanderWaalについて

Grace VanderWaalの魅力とは

Grace VanderWaalは、今全米で話題となっている12歳の女性シンガーソングライダーである。2016年6月に「アメリカズ・ゴット・タレント」に出演した彼女は、予選でオリジナル曲「I don't know my name」を、愛楽器のウクレレを使い熱唱した。観客からはスタンディングオベーションが起こり、審査員のホーウィー・マンデルは「君こそが生ける美しき奇跡だ!」と賞賛した。彼女は予選で1シーズンで一度きりしか使えないゴールデンブザーを押されたことで、一気に準決勝へ進出。この模様は全米中で大きな注目を浴びることとなった。

その後も審査員、視聴者投票で圧倒的な人気を博した彼女は、このシーズンの優勝者に決定。それまでは学校の友達すら自分が歌うことを知らないと語っていたが、一気に全米中に名を馳せる歌姫となった。デビューEPである「パーフェクトリー・インパーフェクト」には、代表曲ともいえる「I don't know my name」をはじめ、番組内で彼女が歌った曲が全て収録されている。12歳の彼女が作る曲には、年頃の悩みや葛藤、そして将来への希望や夢が色濃く滲んでいる。伸びやかで力強い彼女の歌声は、これから世界中に広がっていくことになるだろう。

Grace VanderWaalが好きな方はこんなチケットもおすすめ