グランプリファイナル 2017取扱中!「グランプリファイナル」とは国際スケート連盟主催、フィギュアスケートの公式大会の1つでオリンピックや世界選手権に次ぐ大きな大会である。1998年の大会から現在の名称へと変わっており、それまでは「チャンピオンシリーズファイナル」として開催されている。第1回目は1995年、以降その都度開催時期を変えながら開催され日本からも男女多くの選手が名を残している。記憶に新しいのは女子からは2連覇を達成している浅田真央、男子からは4連覇という快挙を成し遂げている羽生結弦が存在している。国内でのフィギュアスケート人気は非常に高く、毎度テレビ中継も行われている。過去のメダル数もまた世界的に見ても上位にランクインされており、人気実力共にトップクラスである。2017年の大会は日本から愛知県にて開催され今をときめく選手達が出場する。

グランプリファイナル 2017

1,599人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

グランプリファイナルのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 18:00更新)

「グランプリファイナル」について

「グランプリファイナル」の魅力とは

「グランプリファイナル」は、フィギュアスケートの公式大会として世界の名だたる選手を輩出している協議会。オリンピック、世界選手権、四大陸選手権に続く大会であり世界的にも非常に大きく重要な大会となっている。本大会へは他と同様出場資格が設けられており、日本を含む各国で開催されるグランプリシリーズにて高い成績を収めた者だけが出場できる。

第1回目はフランスはパリにて開催。2000年の第6回目となる大会は日本にて開催された。2003年のアメリカでの大会では女子から村主章枝選手が見事金メダル、荒川静香が同大会で銅メダルに輝くと、以降浅田真央や安藤美姫、男子からは高橋大輔、織田信成、羽生結弦など数々の人気選手を生み出してきた。特に2000年代のフィギュアスケート人気は非常に高く、浅田真央とキム・ヨナの白熱した戦いもまた人気に火を付ける要因となる。本大会での日本獲得メダル数は男子シングルと女子シングル共にトップのロシアに次いで2位。人気、実力共に世界トップクラスであり、現在のスポーツ人気の盛り上げにも一役買っている。

競技内容はこれまで幾度か変更を行っており2017年はショートプログラムとフリー、そしてアイスダンス、フリーダンスを行っている。

グランプリファイナルが好きな方はこんなチケットもおすすめ