後藤 泉は、山形県出身のピアニストである。桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業。同大学アンサンブル・ディプロマコース修了後、田沢恵巳子、ゴールドベルク山根美代子、三浦みどり、P.ポンティエら各氏に師事。1999年にプロとしてのキャリアをスタートさせ、2001年に初めてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとの共演を果たす。その後もソロコンサートやNHK文化センター青山教室、横浜教室でのレクチャーコンサート、飛鳥Ⅱ船上でのコンサート、他分野とのコラボレーションなど国内外で多彩な活躍を見せている。ほかの音楽奏者との共演を通して「音楽って生きているんだ」という楽しさと喜びを味わいながら、自身のピアノ演奏スタイルを追求し続けている。そんな後藤泉の奏でる美しい旋律に、耳を傾けに行こう。

後藤泉の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

後藤 泉について

後藤 泉の魅力とは

後藤 泉は1999年にプロデビューしたピアニストである。2001年からウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーと演奏を開始する。チェロ首席奏者フリッツ・ドレシャル、2002年より同楽団元コンサートマスター、ウェルナー・ヒンクと共演を開始。その後も、クラリネット主席のペーター・シュミードル、第2ヴァイオリン首席のペーター・ヴェヒター、ウィーン弦楽四重奏団などと共演している。また、ゲヴァントハウス管弦楽団元コンサートマスター、同チェロ首席、ユルンヤーコブ・ティム、クラリネット首席のベルリンシュターツカペレのマティアス・グランダーなどと数多くの共演を果たしている。ベートーヴェン/リスト編曲(ピアノ版)交響曲第3番「英雄」&第1番、第9番、第6番「田園」&第4番のCDをリリース。交響曲全曲のチクルスも成功させるなど、高い実力を持つピアニストとして知られている。

ピアノとの出会いは3歳の頃。ピアノ教室を開催していた母の影響でピアノがごく身近にあったことから、母やピアノ教室の生徒のようにピアノを弾きたいと思い始めたという。その後桐朋学園高校音楽科を経て同大学ピアノ科卒業。これまでにウィーン・フィル首席奏者を始め、海外のトップ奏者と共演を続ける後藤 泉。豊富な演奏経験を生かした厚みのあるピアノの音色に、聴き惚れたい。

後藤泉が好きな方はこんなチケットもおすすめ