Gordon Chambersはニューヨーク出身のソングライターである。1995年にChapter 8のリードシンガーとしても知られるAnita Bakerの「I Apologize」でグラミー賞にノミネート。その後、Brownstoneの「If You Love Me」は日本未公開の劇場作品「マンハッタンで抱きしめて」の主題歌に起用されGordon Chambersはプロデューサーとして注目を浴びることとなった。これまでにホイットニー・ヒューストンやビヨンセなど一流アーティストへ楽曲を提供し、2004年からは自身もシンガーとして活動をスタート。Gordon Chambersの集大成とも言える作品の数々は高い評価を獲得している。

Gordon Chambersの日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Gordon Chambersについて

Gordon Chambersの魅力とは

ニューヨーク出身のソングライター Gordon Chambers。これまでに幾度となく「ASCAP Awards」を受賞し、ホイットニー・ヒューストンとボビー・ブラウンの「My Love」やビヨンセの「After All Is Said And Done」、アンジー・ストーンの「No More Rain (In This Cloud)」、カール・トーマスの「My Valentine」などヒット曲を多数提供している。
彼の楽曲はアーティストへの提供だけに留まらずエッセンス・アワードやアメリカン・ミュージック・アワードなどを始めとするイベントや映画のサウンドトラックなど幅広く使用されている。

2004年には彼自身が歌手として活動をスタート。2005年に「I Apologize」を共同で制作したBarry Eastmonをプロデューサーに迎え、デビューアルバムとなる「Introducing Gordon Chambers」をリリース。これは「Independent Soul Album of the Year」にノミネートされるなど高い評価を獲得している。その後も彼の功績を称えるかのように超豪華実力派アーティスト達が集結し、「Love Stories」、「Sincere」、「Surrender」を発表。そのクオリティーは折り紙つきでどれもヒットを飛ばしている。

Gordon Chambersが好きな方はこんなチケットもおすすめ