Goose house的、対バンライブ取扱中!「シンガーソングライターが集いオンガクを奏でる家」というコンセプトで活動しているアーティストGoose house。ホームページを覗くとGoose houseのメンバー候補としてエントリーが可能となっている。条件はシンガーソングライターとしての活動歴。イメージとしては、バンドというより音楽ユニットであり、さらに言えば音楽ユニットというよりもシェアハウスである。もとはソニー・ウォークマンのPR企画「PlayYou.House」が発端。その企画が終了した後に、名前をGoose houseに変更して活動を継続させた。2011年にYouTubeに場所を移して活動を再開すると、Ustreamでのライブ活動などでも活動を再開した。2012年には1周年記念での記念ライブや初のフルアルバム「Wandering」をリリースするなど活動が本格化。2017年にはシングル「僕らだけの等身大」をリリースすることが決まっており、ファンである「ハウスメイト」を喜ばせている。

Goose house的、対バンライブ

922人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

グースハウスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/24 18:00更新)

グースハウスについて

グースハウスの魅力とは

「銀の匙」や「四月は君の嘘」などのアニメのエンディングやオープニングといった数々のタイアップを獲得して、世間の認知するところとなったGoose house。音楽のシェアハウスをイメージしている彼らの中では、メンバーを住人と呼んだり、グループ卒業を退室、家出、さらにはファンをハウスメイトと呼んでいる。

そんなシェアハウスの現在の住人は、工藤秀平、竹渕 慶、竹澤 汀(みぎわ)、マナミ、沙夜香、ワタナベシュウヘイ、斎藤ジョニーの7人だ。彼らに惹かれるのは一般人だけでなく、おぎやはぎの矢作 兼やベッキー、須賀健太などの芸能人もハウスメイトであることを公言している。

シンガーソングライターの集まりというだけあって、毎年ツアーやコンサートを精力的に行っているためチケットをとって体感するのが彼らを知る一番の方法である。異なるミュージシャンが集い、紡ぎ合い、やがてひとつの暖かい音になることを目指している音楽に行き詰まりはない。

また、シェアハウスというだけあって、メンバーが流動的なところも特徴だ。2017年の年明けから始まるGoose house Live Tour 2017〜 はじまり、はじまりツアー 〜を持って、竹澤 汀の脱退が決定している。現状のGoose houseを見られる最後の機会を見逃すな。

グースハウス(Goose house)が好きな方はこんなチケットもおすすめ