Goodbye holidayは、2008年に広島で結成された4人組ロックバンドだ。2011年に東京に拠点を移し、ライブ活動を展開。2015年にゆずなど数々のアーティストを手がけた寺岡呼人のプロデュースによるシングル「革命アカツキ」でメジャーデビューを果たす。同年10月にリリースした両A面シングルから「リベレーター」が土曜プレミアム「ワンピース エピソードオブサボ」のテーマソングに、「溢れるもの」が日本テレビ系「掟上今日子の備忘録」のオープニングテーマに起用され、大きな話題となる。2016年には年越しロックフェス「COUNT DOWN JAPAN」に初登場し、キャッチーなメロディーとポップなロックサウンドでオーディエンスを魅了した。

Goodbye holidayの日程

70人が登録中

あと10日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Goodbye holidayのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/15 12:00更新)

Goodbye holidayについて

Goodbye holidayの魅力とは

児玉一真(Vo./Gt.)をフロントマンに、大森 皓(Gt.)、福山 匠(Ba.)、山崎晃平(Dr.)の4人から成る広島発のロックバンドGoodbye holiday、通称「グッホリ」。2011年に広島から上京し、都内を中心に精力的にライブ活動を行い、インディーズレーベルからミニアルバム3枚をリリースする。2015年にシングル「革命アカツキ」でエイベックスからメジャーデビュー。イケメン揃いのメンバーとエッジの効いたポップチューンが話題となる。

デビューシングルをはじめ、2nd シングル「リベレーター」「溢れるもの」、3rdシングル「奇跡の星」などメディアとのタイアップ曲を次々と発表し、メッセージ性のある歌詞とキャッチーなメロディーが人気を集めた。2017年秋にはアルバム「A LA QUARTET」を引っ提げて全国ツアー「A.L.Qワンマンツアー~ウイ!ムッシュ et マドモアゼル~」を敢行し、各地で満員のオーディエンスを魅了した。2018年1月にはニューアルバム「ドッペルゲンガー」を発表するとともに、自主企画ライブ「BAND/wagon」を地元広島で開催する。エッジの効いたポップなギターロックを思う存分楽しんでほしい。

Goodbye holidayが好きな方はこんなチケットもおすすめ