ゴールデンボンバーは2008年デビューのビジュアル系エアーバンド。メンバーは鬼龍院翔喜矢武豊、歌広場 淳、樽美酒 研二の4人組である。「笑撃のライブパフォーマンスと、奇才・鬼龍院翔の創り出すクオリティーの高い楽曲で注目の究極のエアーバンド」がキャッチコピーの演奏をしないという斬新さ、それぞれの役割において練りこまれたパフォーマンスとMCで、絶大な人気の男性4人組である。ゴールデンボンバーのパフォーマンスも確かだが「女々しくて」のヒットのように楽曲としての魅力も見逃せない。今一番ライブが注目されるバンド。金爆弟分バンドとして注目を集めるギルドも要チェック!

ゴールデンボンバー(金爆)の日程

8,886人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ゴールデンボンバーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 06:00更新)

ゴールデンボンバーについて

ゴールデンボンバーの魅力とは

ゴールデンボンバーは、楽器を演奏しない「エアーバンド」であるところにばかり注目されがち。しかしゴールデンボンバーのライブを一目見た人は別の感想を持っている。そうゴールデンボンバーはアーティストではなく、パフォーマー。そのため、今やゴールデンボンバーは「今最もチケットの取りにくいバンド」と称されている。 ライブごとに変わる演出は既に100パターンを超え、スイカの早食い、メンバー同士の寸劇、芸人出身鬼龍院のトークが有名だが、中でもステージ上で「溶接」をして見せるためだけにギターの喜屋武が溶接免許を取得しているあたりにゴールデンボンバーの本気度合いが伺える。そんなゴールデンボンバーのチケット争奪戦が今後さらに白熱すること間違いない。 ゴールデンボンバーが目指すものは「人を楽しませること」。しかし全ての楽曲の作詞作曲を手掛ける鬼龍院翔の歌唱力とセンスは確かなもので、音楽を純粋に楽しみたい人をも必ず満足させる。「元気になりたい」「楽しみたい」、そんな方には早めにゴールデンボンバーのチケット入手しよう!

ゴールデンボンバー(金爆)が好きな方はこんなチケットもおすすめ