伊坂幸太郎の小説「グラスホッパー」が、映画『脳男』の瀧本智行監督と生田斗真のコンビにより実写映画化される。120万部を売り上げた作家、伊坂幸太郎原作のこの作品、生田斗真は通行人を巻き込む無差別“殺人”交通事故で恋人を失う中学教師・鈴木役。犯人への復讐を誓って職を捨て、裏社会の組織に潜入-物語はスリリングに展開していく。鈴木が出会う、ターゲットを自殺に追い込む殺し屋・鯨(くじら)を浅野忠信、ナイフ使いの殺し屋・蝉(せみ)を映画初出演のHey!Say!JUMPの山田涼介が演じる。初共演となる3人が繰り広げる演技に注目だ。

グラスホッパーの日程

296人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

グラスホッパーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

グラスホッパーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 00:00更新)

グラスホッパーについて

120万部を売り上げた作家、伊坂幸太郎原作の「グラスホッパー」。著者自身が「今まで書いた小説のなかで一番達成感があった」と語る作品。鈴木・鯨・蝉の3人が代わる代わる語り手を務める。“押し屋”と呼ばれる殺し屋を巡り、恋人を失った気弱な元教師・鈴木と、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの天才である殺し屋・蝉という心に闇を抱えた3人の男が交錯する姿を描いた感涙のサスペンスストーリーだ。

今回、主演を務めるのは生田斗真。生田斗真は通行人を巻き込む無差別“殺人”交通事故で恋人を失う中学教師・鈴木役。犯人への復讐を誓って職を捨て、裏社会の組織に潜入-物語はスリリングに展開していく。鈴木が出会う、ターゲットを自殺に追い込む殺し屋・鯨(くじら)を浅野忠信、ナイフ使いの殺し屋・蝉(せみ)を映画初出演のHey!Say!JUMPの山田涼介が演じる。映画『脳男』の瀧本智行監督と生田斗真のコンビにより再び人々を魅了する作品を作り上げるだろう。人気作品なだけに映画公開前に行われる舞台挨拶のチケットは入手困難となるだろう。

グラスホッパーが好きな方はこんなチケットもおすすめ