銀魂とは週刊少年ジャンプ連載のギャグ漫画である。コミックの累計発行部数は既に5,000万部を突破しており、アニメ、劇場版アニメ、2017年には実写映画の公開が決定するなど、人気作品となっている。江戸時代を舞台にしており、登場人物も着物を着用する者が多い中、宇宙人や人気ゲームのパロディなど多くの要素が取り入れられており、原作者は「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」と称している。主人公は、何でも屋・万事屋銀ちゃんを営む銀髪がトレードマークの坂田銀時。彼を中心に次々と巻き起こる騒動とそこに登場する人物が絡み合う。時にはギャグ満載、時には感動、時には時間を持て余すなど、自由な作風が話題を呼んだ。連載開始からじっくりと浸透していき、現在では週刊少年ジャンプの代表作ともなっている。

銀魂の日程

3,585人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

銀魂のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/28 06:00更新)

銀魂について

銀魂の魅力とは

銀魂とは、空知英秋により週刊少年ジャンプで連載されている大ヒット漫画である。大部分をギャグで占めつつもシリアスな展開やバトルの様子も描かれる多彩な内容でファンを獲得している。空知の連載作品としては初の作品で2004年の連載からアニメや映画など多岐に渡るメディア展開を見せている。

主要キャラクターは、銀髪に木刀を持つ主人公である坂田銀時、メガネをかけたツッコミ担当の志村新八、ヒロインであり作中でも最強の種族として描かれる神楽。万事屋銀ちゃんで暮らすこの3人を中心に巻き起こるさまざまな騒動を描いている。宇宙人からロボット、時には有名作品のパロディなども随所に散りばめられインパクトたっぷりだ。アニメ版に至っては時折り尺あまりやアニメ制作の裏側を暴露するなどギャグを通り越した話を持ち出すこともある。作中にはたびたび空知をモデルとしたゴリラが登場しており、これも笑いを誘うポイントだ。空知は群を抜いて絵が上手いわけではなく、銀魂という突飛な作品に当初は編集部からも不安視されていた。当初は下から数えるほうが早い人気であったが、じっくりとファンの心を掴んでいき現在ではトップの人気を誇っている。ついには実写映画化まで実現し、さらなる人気となりそうだ。

銀魂が好きな方はこんなチケットもおすすめ