宝塚歌劇 雪組の、月城かなと主演で送るバウホール公演「銀二貫 梅が枝の花かんざし」は、「みをつくし料理帖シリーズ」などで人気の時代小説家・高田郁による同名小説を舞台化するもの。松吉が数々の困難に立ち向かい成長していくさまを、関西風情を盛り込みながら描く涙あり笑いありの人情物語。2015年11月19日(木)~29日(日)に宝塚バウホールにて行われる。95期5人目のバウホール公演主演に期待も集まっている。早霧せいな&咲妃みゆらによる全国ツアー公演「哀しみのコルドバ」も要チェック。

銀二貫 梅が枝の花かんざしの日程

252人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宝塚歌劇 銀二貫 梅が枝の花かんざしの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 銀二貫 梅が枝の花かんざしのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

銀二貫 梅が枝の花かんざし について

バウホール公演「銀二貫」は、「みをつくし料理帖シリーズ」などで人気の時代小説家・高田郁による同名小説を舞台化するもの。2014年にNHKでドラマ化もされたこの作品。主演を演じるのは、雪組の月城かなと。舞台は商人の町・大坂天満。仇討ちで父を亡くし、自分も討たれるかというところを、寒天問屋の主人・和助に銀二貫で命を救われた武士の息子・鶴之輔は、松吉と名を改め商人として生きることとなる……。松吉が数々の困難に立ち向かい成長していくさまを、関西風情を盛り込みながら描く涙あり笑いありの人情物語だ。

95期の中で5人目のバウホール公演主演(単独主演では、4人目)。95期伝説に、また新たな1ページが加わる。「shall we ダンス?」「一夢庵風流記」で新人公演の主演を努め、日本物の雪組らしく和服姿が評判を呼んだ。バウホール公演の裏では、早霧せいな・咲妃みゆ率いる全国ツアー「悲しみのコルドバ」「La Esmeralda(ラ エスメラルダ)」も決定している。どちらも要チェック。注目のこの舞台、チケットも争奪戦となるだろう。

銀二貫 梅が枝の花かんざしが好きな方はこんなチケットもおすすめ