「ゴーストインザシェル」とは、士郎正宗原作の人気漫画「攻殻機動隊」を原作とした、アメリカ合衆国で制作されたSF映画である。ジョナサン・ハーマンとジェイミー・モスが脚本、ルパート・サンダースが監督を務める。作品としては1995年11月に公開された劇場アニメ映画「GHOST IN THE SHEL/攻殻機動隊」が基であり、本作はその実写版リメイク作品ということになる。2008年のハリウッド映画化の発表から実に9年もの月日を経て、日本では2017年4月公開の予定となっている。ワールドプレミア試写会やレッドカーペットイベントもおこなわれるなど、非常に高い注目を集めている本作。是非映画館でその出来栄えを確かめたいところだ。

ゴーストインザシェルの日程

29人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ゴーストインザシェルの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ゴーストインザシェルのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/23 18:00更新)

ゴーストインザシェルについて

ゴーストインザシェルの魅力とは

「ゴーストインザシェル」は、原作漫画「攻殻機動隊」の数あるエピソードの中でも1巻を原作とする劇場版アニメ「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」を基に作られた作品である。ハリウッド実写映画化という形でのリメイクとなる本作は、もちろんキャストも現地の俳優を起用している。主要人物の日本語吹き替え版キャストには、田中敦子や大塚明夫など、アニメシリーズと同じ声優が起用されている。

第3次核大戦、第4次非核大戦を経て、科学技術が飛躍的に進化した世界が舞台となる「攻殻機動隊」は、世界観やキャラクターの再現が非常に難解なことから、実写化は不可能だと長年叫ばれてきた。しかしハリウッドの技術と映像技術の進歩などから、このタイミングで満を持して「ゴーストインザシェル」のタイトルとともに、映画が公開される運びとなった。最初はハリウッド実写映画化に対して否定的だったアニメファンも、トレーラーなどの情報が解禁されるたびにその映像美や世界観の再現度の高さに度肝を抜かれることとなった。本作は2017年米国を皮切りに、日本でも4月から公開予定となっている。

ゴーストインザシェルが好きな方はこんなチケットもおすすめ