ゲルハルトオピッツはドイツ出身のピアニストである。幼い頃からピアノを始めたゲルハルトは11歳の時にモーツァルトのニ短調協奏曲KV.466でデビューを飾った。その後、シュトゥットガルト芸大、ミュンヘン音楽大学に学び、第2回アルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノ・コンクールで優勝を果たした。1981年から2012年まで母校でもあるミュンヘン音楽大学にて史上最年少のピアノ科教授に就任。ゲルハルトオピッツがこれまでにリリースしたCDは「シューベルト:ピアノ作品集 第1巻」、「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」、「ドビュッシー:前奏曲 第1集」、「ロマンティック・インプレッション」、「リスト:ピアノ協奏曲集」など多作だ。

ゲルハルトオピッツの日程

0人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ゲルハルトオピッツについて

ゲルハルトオピッツの魅力とは

ドイツ出身のピアニスト ゲルハルトオピッツ。シュトゥットガルト芸大、ミュンヘン音楽大学に学び、第2回アルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノ・コンクールで優勝を果たした。1981年から2012年まで母校でもあるミュンヘン音楽大学にて史上最年少のピアノ科教授に就任。これまでにリリースしたCDは「ロマンティック・インプレッション」、「リスト:ピアノ協奏曲集」など数多い。ドイツのみならず世界中で活躍しており、イタリアのカルロ・マリア・ジュリーニやイギリスのサー・コリン・デイヴィス、ドイツの指揮者でピアニストのヴォルフガング・サヴァリッシュ、アメリカ出身のロリン・マゼールなど数多くの音楽家と共演。更にニューヨーク・フィルハーモニックやバイエルン放送交響楽団などのオーケストラとの共演も多い。
またゲルハルトオピッツは日本でも人気が高く、2005年から2008年にかけ「ベートーヴェン・ソナタ全曲演奏会」を披露。その後、2010年から2013年までは全8回に渡る「シューベルト連続演奏会」を披露している。更に2015年から4年をかけて「シューマン×ブラームス連続演奏会」を敢行。それらの演奏はどれも人気を博している。

ゲルハルトオピッツが好きな方はこんなチケットもおすすめ