ジョージ・ベンソンはアメリカ出身のジャズ・フュージョンを中心に活動しているギタリスト・歌手である。幼少より音楽のプロを目指しており、1963年にジャック・マクダフのバンドに加入した後、1968年にはマイルス・デイヴィスの「マイルス・イン・ザ・スカイ」のレコーディングにも参加している。初期はストレート・アヘッドなジャズを演奏していたが、徐々にフュージョン系に変化していった。1976年に発表した「Breezin'」は彼の代表作になるほどの大ヒットを記録した。これまでに計10度のグラミー賞に輝いており、彼のスタイル模倣をする若手アーティストも多い。ジョージ・ベンソンはまさにジャズ・フュージョン界の生きる伝説である。

ジョージ・ベンソンの日程

42人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ジョージ・ベンソンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ジョージ・ベンソンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

ジョージ・ベンソンについて

類まれなる才能の持ち主・ジョージ・ベンソンとは

ジョージ・ベンソンはアメリカ出身のジャズ・フュージョンを中心に活動しているギタリスト・歌手である。幼少より音楽のプロを目指しており、デビュー初期はストレート・アヘッドなジャズを演奏していたが、徐々にフュージョン系のアーティストへと転じていった。
代表曲には「This Masquerade」や「Turn Your Love Around」などがあり、1984年発表の「NOTHING GONNA CHANGE MY LOVE」は「変わらぬ想い」という日本語名で今でも人気がある。

ジャズ・ギタリストと歌手の双方で天才的と呼ばれる才能を持ち、これまでに計10度グラミー賞に輝いている。スキャットの名手でもあり、ギターソロとスキャットをシンクロさせながら独特の高揚感を生み出すのが彼の十八番であり、若手アーティストの中にも彼のスタイルを模倣するものは多い。
足でタンバリンを鳴らしながらギターを弾くといった卓越したリズム感を持っており、「ジョージ・ベンソンのリズムは誰にも真似できない」と言われるほどである。「天は二物を与えず」ということわざを疑いたくなるような才能の持ち主、それがジョージ・ベンソンである。

ジョージ・ベンソンが好きな方はこんなチケットもおすすめ