エンターテイメント・クリエイティブユニットのMAG.netが提案する、新しい文学の形として注目を集める朗読劇「極上文學」。過去に第6弾は小栗虫太郎『黒死館殺人事件』、中井英夫『虚無への供物』、夢野久作「ドグラ・マグラ」。第7弾は、太宰治原作の「走れメロス」が上演された。「極上文學」では毎回複数のキャストが公演毎に違う組み合わせによって出演することによって、その組み合わせの妙によって同じ作品であっても、毎回違った雰囲気で作品を楽しむことができるという、「極上文學」ならではの普通の朗読劇とは一線を画した大きな魅力の一つである。そのユニークな舞台は、早くからチケットも高い注目を集め、回を重ねるごとにその人気は拡大している!

極上文學の日程

233人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

極上文学のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 00:00更新)

極上文學について

極上文學の魅力とは

新しい文学の形として朗読劇「極上文學」。これまで宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」や夏目漱石の「夢十夜」、芥川龍之介の「藪の中」をはじめとして、様々な文学作品を題材に上演されてきたが、「極上文學」の大きな特徴はマルチキャスティング方式をとっているところである。毎回違うキャスティングで公演を行うことにより、主役から脇役まで、演じる相手によって変わる役者の間に流れる空気感で何度同じ内容の公演を見ても違った雰囲気で楽しめるのが特徴である。つまり、相手を変えることにより、芝居の真髄でもある、役者本来の姿を存分に堪能することができる。この特徴は「極上文學」ならではの公演形態であり、他の朗読劇では味わえない魅力である。公演を見るたびに変化する世界観、舞台の端から端まで楽しめるような工夫が「極上文學」では楽しめるのである。回を重ねるごとにチケットが入手困難になっているので、チケットを要チェックだ!

極上文學が好きな方はこんなチケットもおすすめ