GEKIIKEとは2010年に旗揚げされた劇団イケ袋を基にした演劇集団。旗揚げ公演「リーマン☆ロック」を皮切りに毎年多彩な作品を公演している。所属している劇団員はいずれも若さが光る役者達。年に1度の本公演を軸に時期に合わせた舞台公演を行い、徐々に本格的な演劇集団として舞台ファンからの注目を集めていく。一般的な舞台を活動の中心に、朗読劇やバスツアーといったファンとの交流を第1とした活動も本集団の特徴の1つ。2015年の第7回公演「月下燐然ノ星-帝都綺譚-」は翌2016年に映画版の公開が決定。舞台から映画とますますその魅力を発信し、演劇集団としても個々の役者としても高い存在感を発揮することになる。

GEKIIKEの日程

63人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

GEKIIKEの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

GEKIIKEのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/20 12:00更新)

GEKIIKEについて

GEKIIKEの魅力とは

GEKIIKEとは2010年から活動開始、本格的な舞台の製作から年々活躍の幅を広げ多彩な姿を披露している演劇集団である。出演している役者はいずれもこの先の活躍が大いに期待されるフレッシュな装いの役者ばかり。本集団を運営しているのはそんな若手俳優の育成に力を注ぐ芸能プロダクション「スタービートエンターテインメントLLC」。東京での活動を中心に年々全国的な人気を獲得しつつある。2010年に旗揚げ公演となる第1回公演「リーマン☆ロック」を公演、翌2011年には第2回「ライラック」、続く2012年には「君に降りそそぐ、天上の花」と毎年多彩な舞台を作り上げている。集団に所属している役者はいずれも個々での俳優活動を行っており、中でも俳優樋口夢祈は旗揚げ公演から連続で本公演へと出演している。集団の中でもプロダクションの中でも大きな存在の彼は自身のバースデー記念イベントを開催するなど高い人気を獲得している実力派俳優で、朗読劇など本公演以外でも出演している。当初は劇団イケ袋という名で活動していた本集団は活動開始の翌年にはGEKIIKEへと変更、現在へと至る。舞台ごとに姿も世界観も作り替え、その都度まったく新しい世界を構築。俳優1人1人の力も加わり本格的な演劇集団として高い地位を築きつつある。

GEKIIKEが好きな方はこんなチケットもおすすめ