解夏」は歌手として知られるさだまさし著の短編小説の朗読劇である。出演は2000年に「21世紀ムービースターオーディション」でグランプリを獲得し、映画「死者の学園祭」で俳優デビューを飾った内田朝陽。元宝塚歌劇団花組、そして雪組男役2番手スターとして知られる彩吹真央D-BOYSのメンバーでミュージカル「テニスの王子様」をはじめ数多くの舞台に出演する荒木宏文。3人組ダンスボーカルユニット「Lead」の最年少メンバーとして知られ、2002年に第44回日本レコード大賞新人賞を受賞した鍵本 輝。その他、桑野晃輔、白又 敦、南里侑香、朴 璐美、真凛、山本紗也加など数多くの若手俳優たちが出演。「解夏」が初めての朗読劇出演となるキャストもおり、フレッシュな顔ぶれとなっている。

解夏の日程

82人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

解夏の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

解夏のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 12:00更新)

解夏とは

解夏について

「解夏」は、2002年に出版された歌手として知られる、さだまさし作の短編小説集だ。「秋桜」、「水底の村」、「サクラサク」合わせて4本が入った作品で「解夏」はその中での代表作とされ、2004年に映画化やテレビドラマ化されている。
主人公の隆之は視力を徐々に失ってしまうベーチェット病を医師から宣告されてしまう。失明する恐怖と闘いながら葛藤を続ける隆之。その葛藤を通して、失わないと得ることが出来ない人間という生き物を描いたストーリーだ。

2004年に磯村一路監督、大沢たかお主演で映画化。この作品は興行収入10億円となり、主演の大沢たかおは第28回日本アカデミー賞主演男優賞を獲得した。また同年には「愛し君へ」というタイトルでテレビドラマ化されフジテレビにて月9枠で放送。菅野美穂と藤木直人が主演した。「愛し君へ」は全11話で平均視聴率17.1%と好成績を納めている。このテレビ版では月9流に内容がアレンジされたラブストーリーとなり、映画版とテレビ版は並行で制作されワンソフトマルチユースの手法が取られたのもこの月9枠では初めての試みとなっている。

「解夏」は上田 愛子によりコミカライズもされており、2016年には朗読劇も上演。様々な形で現在も表現されている。

解夏が好きな方はこんなチケットもおすすめ