GATE(ゲート)とは、2006年から柳内たくみ「とどく=たくさん」名義で小説投稿サイト「Arcadia」で掲載していた、「自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」を元にしたアニメ。シリーズ累計380万部を突破し、爆発的な人気を誇っている。2015年にテレビアニメ化され、7月から9月まで第1クールが放送。2016年1月からは、第2クールが放送された。また、2016年4月には、「アニマックスCAFE」秋葉原店とのコラボが実現するなど、GATEフィーバーが高まっている。

GATE(ゲート)の日程

24人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

GATEの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

GATEのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

GATE(ゲート)について

GATE(ゲート)の魅力とは

アニメ「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」は、元自衛官である原作者・柳井たくみさんが2006年4月に発表したweb小説『自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』を元に制作された、自衛隊と異世界の住人が織り成すエンタメファンタジー作品。

あらすじ:時は20XX年8月、突如東京・銀座に出現した「門(ゲート)」から、中世ヨーロッパ風の騎士や、テレビゲームで見かけるようなモンスターが現れ、民間人を次々に殺害する「銀座事件」が発生。日本と異世界との「異世界戦争」が勃発する。「銀座事件」から7日後、敵勢力の攻勢を押し返し、「門」の制圧に成功した日本政府は、「門」の奥に広がる特地の調査と再発防止を自衛隊に託す。

主人公の伊丹耀司は、「銀座事件」で数千人の命を救った功績が認められ、二等陸尉に昇進。第3偵察部隊隊長として隊を率い、特地に乗り込む。

GATE(ゲート)が好きな方はこんなチケットもおすすめ