GANTZ」(ガンツ)は、奥浩哉の漫画作品である。 2000年から「週刊ヤングジャンプ」で連載を開始後、2006年から隔週連載となり、最終的に2013/6/20(木)発売の29号で完結した。 その人気の高さから既にアニメ・ゲーム・小説・実写映画などメディアミックス作品も次々に展開されている。 累計発行部数は2000万部以上。「ヤンジャン」の人気の柱となる本格SFアクション漫画であったが、11/17(火)発売の「ミラクルジャンプ」12月号では、新たにスピンオフ作品「GANTZ」が連載されている。 約2年ぶりとなるGANTSの復活にファンも沸きに沸いている状況だが、そんな最中さらに嬉しいことに、2016年GANTSのフル3DCGアニメーション映画が公開されることとなった。 日本だけでなく海外のファンも多い人気作品なだけに、この映画も世界中から大きな注目と期待が寄せられている。

ガンツ(GANTZ)の日程

71人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ガンツの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ガンツのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 18:00更新)

ガンツ(GANTZ)について

「GANTZ」(ガンツ)は、「週刊ヤングジャンプ」で連載されていた奥浩哉の漫画作品、さらにその漫画を原作としたアニメ・ゲーム・小説・実写映画などメディアミックス作品の総称である。 累計発行部数は2000万部以上と「ヤンジャン」屈指の人気作品であったが、2013年に話は完結しており、その後2015年に2年ぶりに「ミラクルジャンプ」でスピンオフ作品「G-GANTZ」が連載開始となった。

ストーリーは、とある事情で命を落としてしまった主人公の高校生 玄野計が、謎の黒い球体「ガンツ」から、玄野と同じ様に死んだはずの人々と共に「正体不明の異星人」を倒すように指示されるという何とも異次元で不思議なSF漫画。 そのため「ガンツ」とは一体何なのか、という謎解きに読者も引き込まれるのだが、この作品の魅力はそれだけではない。 異星人との壮絶なサバイバルバトル、バリエーション豊かな武器、そのバトルで描かれる勧善懲悪の世界観、個性豊かなキャラクターの魅力、CG技術によるリアルな描写など、読み所&見所が満載なのだ。 その奥深いGANTZの世界観には、日本だけでなく海外のSFファンからも高く評価されている。

映画化された際には嵐の二宮和也&松山ケンイチという最強のコンビが配役され話題にもなったが、2016年にはさらに「フル3DCGアニメーション映画」が公開されることとなり、大きな反響を呼んだ。

ガンツ(GANTZ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ