「タンゴ・冬の終わりに」は、1984 年に清水邦夫書下ろし、蜷川幸雄演出でパルコ劇場で初演された作品。2015年9月、「タンゴ・冬の終わりに」が約30年ぶりにパルコ劇場にて上演され、好評を博した。10月からは、「タンゴ・冬の終わりに」の地方公演が大阪、石川、福岡、愛知、新潟、富山、宮城の各地にて行われる。2015年版「タンゴ・冬の終わりに」は、行定勲の新演出で送られることでも話題だ。主演は、三上博史。ヒロインは倉科カナ。他にも、神野三鈴、岡田義徳、有福正志、有川マコト、小椋 毅、梅沢昌代、ユースケ・サンタマリア他実力派俳優陣が出演。1984年初演、1986年再演、91年にはロンドンで上演、2006年に再再演と何度も上演されている名作「タンゴ・冬の終わりに」はこの秋必見の舞台だ。

タンゴ・冬の終わりにの日程

50人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

タンゴ・冬の終わりにの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

タンゴ・冬の終わりにのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 12:00更新)

タンゴ・冬の終わりにについて

清水邦夫書下ろし、蜷川幸雄演出で初演された「タンゴ・冬の終わりに」。1984年初演、1986年再演、1991年にはアラン・リックマン主演でロンドン・ウェストエンドにて2 ヶ月間上演、2006年にはシアターコクーンで蜷川幸雄演出のもと再再演と、「タンゴ・冬の終わりに」は何度も上演されているこの秋必見の舞台だ。

2015年版「タンゴ・冬の終わりに」は、行定勲の新演出で上演される。映画人である行定監督の思いのこもった作品担っている。「タンゴ・冬の終わりに」で」映画界を引退し徐々に精神を崩壊させていく俳優・清村盛を演じるのは、三上博史。清村盛を追いかける新進女優・水尾は倉科カナ。他にも、清村盛の妻である神野三鈴、水尾の夫であるユースケ・サンタマリアを初め。岡田義徳、有福正志、有川マコト、小椋 毅、梅沢昌代他実力派俳優陣が出演する。新演出で蘇る「タンゴ・冬の終わりに」は必見だ。

「タンゴ・冬の終わりに」は、パルコ劇場での上演を終え、10月からは、「タンゴ・冬の終わりに」の地方公演が大阪、石川、福岡、愛知、新潟、富山、宮城の各地にて行われる。秋から冬に向かう季節にふさわしい「タンゴ・冬の終わりに」。名作の再演とあってチケット入手は難しくなりそうだ。

タンゴ・冬の終わりにが好きな方はこんなチケットもおすすめ