風雲かぼちゃの馬車は、2005年に土井宏晃(主宰・演出家)が世界に通用する演劇作品を作るため重信臣聡、永尾陽奈と立ち上げたミュージカル劇団だ。「歌って踊って人を斬る」をコンセプトとし、2006年の旗揚げ公演「チェスト寺田屋」では、歌あり踊りあり殺陣あり笑いありのエンターテインメント満載の舞台を披露している。2012年には初のオリジナルミュージカル「紅い海、剣と十字架~天草四郎物語~」、2013年には劇団初のロングラン公演「Hooker」を上演し、多くの演劇ファンの注目を集めた。2014年には、アメリカでも最も大きな演劇祭の1つとされるニューヨーク国際フリンジフェスティバルで公演をおこない、ニューヨークタイムズ紙などに大きく取り上げられた。ブロードウェイを目指し活動を続ける「風雲かぼちゃの馬車」の斬新で躍動感に満ちた舞台をぜひご覧いただきたい。

風雲かぼちゃの馬車の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

風雲かぼちゃの馬車について

ブロードウェイでオリジナルミュージカルを!風雲かぼちゃの馬車の魅力とは

ミュージカルの本場ブロードウェイは、「オペラ座の怪人」をはじめ「レ・ミゼラブル」「キャッツ」「ライオンキング」など数々の傑作が上演され、ミュージカルを志す者にとっては夢の舞台だ。風雲かぼちゃの馬車は、2005年に土井宏晃(主宰・演出家)が重信臣聡、永尾陽奈と創設したミュージカル劇団で、ブロードウェイ進出を目標に活動を展開している。
「歌って踊って人を斬る」をコンセプトに、人間の抱える苦悩や葛藤を描き出し、躊躇いながらも決意して困難に立ち向かう弱者たちの生き様と真実をエンターテインメント性豊かな演出で舞台化してきた。

2014年には北米最大級の演劇祭であるニューヨーク国際フリンジフェスティバルに参加し、日本公演でも大きな反響を呼んだ「一遍」をアレンジした「DANCING MONK IPPEN」を上演し、ニューヨークタイムズをはじめ各種メディアに取り上げられ話題となった。
2016年10月には熱帯雨林の奥深くにある未知の世界を舞台にした冒険スペクタル「SELVA!」が再演される。2014年の初演時より歌、ダンス、殺陣、ムーブメントがさらにパワーアップした風雲かぼちゃの馬車の演劇空間は忘れられないスリリングな時間をもたらしてくれる。

風雲かぼちゃの馬車が好きな方はこんなチケットもおすすめ