降谷建志とは、Dragon Ashのボーカル、ギター、またソロとしても活動するアーティストだ。父は俳優の古谷一行だが、自分の力だけで売れていきたいとの想いから、「降谷」の名前で活動を続けている。音楽に対する情熱や、そんなストイックな人柄も彼の人気の秘密だろう。彼がボーカルを務めるDragon Ashは人々を奮い立たせるような歌詞に、低音を中心としたメロディが若者を魅了し、愛され続けている。そんな人気バンドのボーカルがソロアルバム「Everything Becomes The Music」をリリースした。ソロプロジェクトでは新たな一面が見れると話題になっており、ロックファンならば見逃すことができない。

降谷建志(Kj)の日程

38人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

降谷建志のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/23 06:00更新)

降谷建志とは

降谷建志について

降谷建志、通称Kjとは東京都出身のミュージシャン、シンガーソングライター、作詞家、作曲家である。

6人組ミクスチャーロックバンド「Dragon Ash」のボーカル、ギタリストとして活動する傍ら、ソロのKENJI FURUYAとしても活動を行っている。いかつい風貌とは裏腹に、ファンからは「けんじ」「けんちゃん」などの愛称で親しまれ、愛されている。

1996年にそれぞれ同級生であった桜井 誠、馬場育三と共にDragon Ashを結成。彼らは「ミクスチャーロック」の名の通り、様々な音楽の要素を構成させた音楽を生み出した。「アルバムごとにファンがいる」と言われるほどに、各アルバムで幅広い音楽嗜好を持った若者たちを魅了すると、カリスマ的存在にまで登りつめた。そして2014年に行われたツアー「〜THE SHOW MUST GO ON〜」中に得た達成感や自信をきっかけに、2015年満を持してソロとしての「降谷健志」への挑戦を始めた。

2015年3月にシングル「Swallow Dive」をリリースすると、同年6月にはアルバム「Everything Becomes The Music(すべてが音楽になる)」をリリースした。自分自身に挑戦し続けている彼の今後に、目が離せない。

降谷建志(Kj)が好きな方はこんなチケットもおすすめ