古澤巌は、日本を代表するプロのヴァイオリン奏者の一人である。1959年7月生まれで、神奈川県茅ヶ崎市出身。3歳の頃からバイオリンに触れながら育ち、権威と伝統を持つ若手音楽家の登竜門「日本音楽コンクール」では、1978年の第47回において2位を獲得し、翌1979年の第48回では見事1位に輝いている。小澤征爾をはじめ数々の演奏家を輩出している桐朋学園大学に進学し、日本における「20世紀最高のヴァイオリニスト」と称された江藤俊哉に師事し、同大学を首席で卒業している。その後も数々の著名音楽家に師事し、1988年からは4年間に渡り東京都交響楽団のソロ・コンサートマスターを務め、ヨー・ヨー・マと様々な楽曲を演奏している。

古澤巌の日程

149人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

古澤巌のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/21 18:00更新)

古澤巌について

古澤巌の魅力とは

古澤巌は、日本が誇るヴァイオリニストの一人である。3歳からバイオリンを始め、桐朋学園大学では日本における20世紀最高のヴァイオリニストである江藤俊哉に師事し、首席で卒業した。1983年からはカーティス音楽学校に、1985年からはモーツァルテウム音楽院に入学し、ヴァイオリンの貴公子であるナタン・ミルシテイン、ハンガリーの鬼才であるシャーンドル・ヴェーグ、イスラエルのヴァイオリニストであるイヴリー・ギトリスのもとで修行を積んだ。

1988年からは、4年間に渡り東京都交響楽団のソロ・コンサートマスターを務めた。また、クラシック音楽だけでなく、雅楽演奏家の東儀秀樹や、ジャズ・ヴァイオリンのステファン・グラッペリと共演するなど、活躍の場は広い。なお、同じヴァイオリニストの葉加瀬太郎とは古くから親交があり、過去には一緒にジプシーバンドであったヴィンヤードシアターを結成している。そして所属レーベルは、葉加瀬太郎が設立者であるHATS LABELに所属しており、2017年5月には同レーベル15周年記念と題して、「葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌 〜3大ヴァイオリニストコンサート〜」が開催される。

古澤巌が好きな方はこんなチケットもおすすめ