フラチナリズムとは2011年に本格始動した「売れてないバンド界イチ売れてるバンド」を自称しているロックバンド。コンセプトも活動内容も他とは一線を画す一風変わったバンドグループ。2011年に開催されたライブ「IPPON-ZURI~あなたの心(カツオ)を一本釣り~」を合図に次々と活動を展開していく。音楽活動に合わせ、テレビ番組出演などメディア展開も次々こなし徐々に知名度を拡大。そして2015年にはミニアルバムを発表し満を持してのメジャーデビューを果たすことになる。翌年には所属事務所日本クラウンから「アルバムヒット賞」を授与、ラジオのレギュラーに全国ツアーと年々勢いを高めている。突飛なタイトルなどが目に付く彼らだが、その反面歌の中身は本格的なポップサウンド。メッセージ性も高く幅広い層に親しまれている。

フラチナリズムの日程

19人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

フラチナリズムのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 18:00更新)

フラチナリズムについて

フラチナリズムの魅力とは

フラチナリズムとはボーカルのモリナオフミを中心に活動していたバンドグループが2011年に現在の名へと変更したのを機に本格始動した八王子出身のロックバンド。モリが10代の頃に所属していた「モリークラビッツ」から始まり、その後「マニフォルシェイク」「マニシェ」を経て「フラチナリズム」として始動、全国展開をスタートする。メンバーはボーカルでありエンターテイナー担当でもあるモリナオフミ、ギターの田村優太、ベースのタケウチカズヒロ、ドラムの都築聡二の4人。度々コミカルな姿をファンへと見せ、時には音楽グループであることを忘れてしまうエンタメ性溢れるメンバーである。その反面、発表される楽曲1つ1つは丁寧に制作されておりボーカル・モリの高い歌唱力も相まって壮大な曲を届けている。2013年に発表されたシングル「幸せのキセキ」は彼らの代表曲の1つでもあり、ライブでの観客による合唱も行われている。本作は発売と同時期に「1000枚売るまで帰れません」という企画がスタート。手売りで1000枚売り切るまでメンバーは1つの部屋で共同生活を送るという企画に挑戦している。メジャーデビューを果たした2015年にはディナーショーを開催するなどその都度趣向を凝らした企画を用意し、常にファンを楽しませている。

フラチナリズムが好きな方はこんなチケットもおすすめ