宝塚歌劇 宙組 不滅の棘取扱中!「不滅の棘」は、チェコの劇作家カレル・チャペック原作の戯曲、及び宝塚歌劇団で公演される舞台作品。「永遠の命」をテーマにその価値観を見出すべく奔走する人間模様を描いた作品だ。2003年に宝塚歌劇団花組で初演を迎え、2018年に宙組による再度舞台化が発表される。主演には愛月ひかるが抜擢され、脚本・演出は木村信司が務めている。ドラマティックに進み「生」と「死」を深く考えさせる物語でありながら宝塚のステージ上での衣装は白を基調とした鮮やかなもの。そのギャップが宝塚ファンに強い印象を与え、深いテーマも相まって見応えのある作品になっていると話題に。美しくも絶望を感じさせる物語は多くの観客を虜にする。宝塚作品の中でもひと際重厚なテーマをお送りする作品だ。

宝塚歌劇 宙組 不滅の棘

344人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

梅田芸術劇場

日本青年館

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 不滅の棘のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 06:00更新)

「不滅の棘」について

「不滅の棘」の魅力とは

「不滅の棘」は、2018年に宝塚歌劇団により公演される生と死をテーマとした重く美しい舞台作品。2018年に宙組により公演される作品であり、主演を務めるのは現在宙組の中でも実力と実績を上げ続けている実力派愛月ひかる。2015年の出演作「王家に捧ぐ歌」において宙組の3番手スターとなり、翌2016年には「エリザベート 愛と死の輪舞(ロンド)」にてメインキャラクターの1人ルキーニを射止めている。年々存在感を増す愛月ひかるにとって重要な作品であり、彼女の演技力が試される一大作品となっている。

原作となるのはチェコ出身、多くの作品を世に残す劇作家でありジャーナリストであるカレル・チャペックの残した戯曲。舞台化の際には「不滅の棘」のタイトルで送るが原作は「マクロプロス事件」というタイトルである。マクロプロスと言う名の医師が自身の息子に不死の薬を飲ませた。それから果てしない時間が流れ時は1933年。プラハである事件の裁判が開かれている。そこに現れたのは1人の歌手、彼は突然その事件の情報を口にする。数百年という長い月日をステージ1つで再現する。それを可能とするのは高い表現力を持つ宝塚歌劇団という劇団の存在が反映している。ただ絶望を感じるだけではなく煌びやかさも存在する作品で、その世界観はまさしく唯一無二となっている。

不滅の棘が好きな方はこんなチケットもおすすめ