福家書店は、首都圏、九州を中心に全国で11店舗を持ち、写真集の発売に伴いタレントやアイドルなどの握手会を数多く開催することで知られる人気の書店だ。2008年に銀座店で開催された小池徹平の握手会では、1万人を超えるファンが集まり、大きな話題となった。銀座店は2010年に閉店となるが、最後のイベントとなった「BIGBANG 」握手会には約2000人のファンが詰めかけるなどニュースになった。2014年に新宿サブナード店がリニューアルオープンし、「毎日タレントに会える書店」と「キレイになる本屋」を2つのコンセプトに、書籍だけでなくCDや化粧品などの発売イベントも企画し、タレント・グラビアアイドル・俳優・文化人などの著名人が毎日登壇し、人気を呼んでいる。

福家書店の日程

11人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

福家書店のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

福家書店について

毎日タレントに会える書店、福家書店の魅力とは

握手会の聖地と呼ばれ高い人気を誇る福家書店は、首都圏と九州を中心に大阪・神戸にも店舗を持つ書店チェーンだ。
これまで写真集の発売に合わせて数々のタレント、アイドルなどの握手会を開催し、多くのファンを集客してきた。年200回以上の握手会を開催し、福家書店の動員記録を持つ銀座店(2010年閉店)は2008年に小池徹平が登壇し、1万556人を集めるなど人気の店舗だった。
2010年に開催された韓国の男性5人組ダンスボーカルグループBIGBANGの握手会には2000人の熱烈なファンが集結し、銀座店の伝説の握手会となった。2014年には新宿サブナード店がリニューアルオープンし、「毎日タレントに会える書店」として賑わっている。
2016年10月にはAKB48・渡辺麻友のソロ写真集「知らないうちに」の発売記念握手会、女優・広瀬すずのフォトブック「ぜんぜん、はじめてです。」発売記念握手会などが人気を集めた。12月には大島優子のカレンダー発売記念握手会などが開催される。同店では「キレイになる本屋」をもう1つのコンセプトに掲げており、店内にアロマをたき、女性向けの書籍ばかり約2万冊を並べたカフェ風の書店に模様替えし、大型スクリーンには人気アーティストのプロモーション映像が映し出されるなど、他にはない個性的な書店として人気を呼んでいる。

福家書店が好きな方はこんなチケットもおすすめ