福耳は、芸能事務所オフィスオーガスタのスペシャルユニットである。1998年、Zepp Sapporoの杮落しライブ「福耳」にて活動を開始。初回は杏子、山崎まさよしスガシカオの3人で出演。杏子のシングル「星のかけらを探しに行こう Again」を合唱。翌年杮落しに参加した3人が福耳名義で「星のかけらを探しに行こう Again」をリリースし、2001年所属事務所主催の野外コンサート「Augusta Camp」にて元ちとせを加え本格的に活動が開始される。その後は不定期だがシングル、アルバムをリリースしている。2017年には、5年ぶりのCDリリースが発表され、ライブイベントにも出演予定となっている。今後の活動に注目しよう。

福耳の日程

76人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

福耳の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

福耳のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/19 18:00更新)

福耳について

福耳の魅力とは

福耳は、芸能事務所オフィスオーガスタのスペシャルユニットである。1999年リリースのファーストシングル「星のかけらを探しに行こう Again」の参加アーティストは杏子、山崎まさよし、スガシカオの3人だけであったが、セカンドシングル以降は参加アーティストも増えて豪華になっている。

杏子は元BARBEE BOYSのメンバーで、80年代のロックシーンにおいて名前があげられるほどの女性ボーカリストだ。解散後はソロのアーティストに転向し、2008年BARBEE BOYSとして再結成もしている。山崎まさよしは1993年RCサクセションの「トランジスタ・ラジオ」のカバーシングルをリリースし、1995年「月明かりに照らされて」でメジャーデビューを果たす。役者業もこなしていて、1996年映画「月とキャベツ」で初主演。1998年テレビドラマ「奇跡の人」で主演を果たすマルチプレーヤーでもある。スガシカオは、1997年「ヒットチャートをかけぬけろ」でメジャーデビューし、ファーストアルバム「Clover」を発表。1998年SMAPに「夜空ノムコウ」で詞を提供し、彼の名前も一躍全国区に広がった。

その他にもスキマスイッチ、秦 基博などが福耳に参加している。なお、ユニット名の由来は社長が気に入っている単語である。以前からアルバムなどのタイトル名に使ってみたかったのだが、アーティストに断り続けられたフレーズだったそうだ。

福耳が好きな方はこんなチケットもおすすめ