覆面系ノイズ 舞台挨拶取扱中!「覆面系ノイズ」は、福山リョウコによる漫画作品。2013年に白泉社の「花とゆめ」より連載されている。「悩殺ジャンキー」や「モノクロ少年少女」などの代表作を持つ福山リョウコの傑作。2017年にTVアニメ化されている。歌が大好きな女の子の有栖川仁乃(ありすがわにの)は、幼なじみで初恋の相手である榊 桃(さかき もも)と作曲が得意な少年である杠 花奏(ゆずりはかなで)の2人と幼い頃に離ればれになってしまう。「いつの日か、歌声を目印にニノを見つけ出す」という2人との約束を胸に秘め歌い続けた。ニノは高校生になって、そこでユズと再会を果たす。ユズはバンドを組んでおり、そのボーカルにニノは誘われて歌う場所を得る。という物語である。

覆面系ノイズ 舞台挨拶

513人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

覆面系ノイズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 18:00更新)

覆面系ノイズについて

覆面系ノイズの魅力とは

音楽と友情と愛情が混じり合う「覆面系ノイズ」。この物語の基礎となっているのは、やはり幼い日の記憶であるだろう。その頃の彼女と2人を結び付けていたものは音楽と愛情である。相手の事情などはお互いにわからないながら、音楽という接点を通してお互いの心を通い合わせている。そして、それぞれとの別れがこの物語の美しさと醜さを生み出すきっかけになっている。「覆面系ノイズ」というタイトルの通り一筋縄にはいかないのだ。それは高校生になった彼女たちの再会により顕著なものになっていく。この物語の続きは実際に漫画やアニメを見て確認してほしい。そうすれば、隠された彼女たちの本当の心を知ることができるだろう。

また、ストーリーの魅力だけではなく、TVアニメでは重要な要素である音楽もリアルに聴くことができる。この物語に深みを与えている良質な音楽たちは、登場人物の感情の奥底まで表現している。それは綺麗なものであろうと汚いものであろうとストレートに伝わってくる。2017年の11月には映画も公開される予定だ。映画館でこの物語と臨場感溢れる音楽に包まれれば、その世界観に完全に浸ることができるだろう。

覆面系ノイズが好きな方はこんなチケットもおすすめ