福間洸太朗は、国内をはじめ、国際的に活動しているピアニストである。都立武蔵高校卒業後にヨーロッパへ留学、パリ国立高等音楽院、ベルリン芸術大学、コモ湖国際ピアノアカデミーにて学ぶ。20歳でアメリカの「クリーヴランド国際ピアノコンクール」日本人初となる優勝獲得、ショパン賞の受賞をはじめとし、以後も受賞歴を持つ。2003年にニューヨーク・リンカーンセンターでデビュー、全米で50回近く公演を行う。ヨーロッパ、日本、南アフリカなどでも定期的に演奏をし、2008年にはイギリスデビューを果たした。彼は、多数のオーケストラと共演、国内外の音楽祭にも数多く招待されているほど実力には定評がある。彼は困難だとされる難易度の高い演奏などを、1つ1つの音を正確に奏で聴く者を魅了するピアニストである。今後も彼の公演から目が離せない。

福間洸太朗の日程

52人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

摂津響Saal

横浜みなとみらいホール

オリンパスホール八王子

未分類

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

福間洸太朗の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

福間洸太朗のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 18:00更新)

福間洸太朗について

福間洸太朗の魅力とは

福間洸太朗は、5才からピアノを学び、世界五大陸を活動するピアニストである。クリーヴランド管弦楽団、フィンランド放送交響楽団、ドレスデン管弦楽団、ガリシア王立管弦楽団、新日本フィルハーモニー、ヨハネスバーグ管弦楽団など多数のオーケストラと共演。レクチャーコンサート「ピアノによる武満徹へのオマージュ」を世界各地で展開し話題となる。現代音楽の作曲家、武満徹と関連する他の作曲家の曲を一緒に紹介するプログラムで演奏展開。彼の演奏は頭で考えるのではなく、自然を感じるように、耳を傾け心で感じるコンサートである。日本ではピアニスト100、トッパン・ピアニスツ、ピアノ・エトワールなどのシリーズに出演、被災地での演奏、チャリティー演奏会も定期的に行っている。CDでは彼が取り組んできた日本の代表的な作曲家の武満徹をCD化した「武満徹ピアノ作品集」、2015年「モルダウ~水に寄せて歌う」などをリリース。端正な顔立ち、凛とした姿勢の良さ、演奏に対するひたむきな情熱は貴公子とも呼ばれている。彼は、隠された構造や秘密を分析すると面白いということで困難とされる曲を積極的に演奏し広げている。これからもピアニストとしての彼の活躍に注目したい。

福間洸太朗が好きな方はこんなチケットもおすすめ