藤山直美とは、コミカルな風貌と確かな演技力が魅力の女優である。喜劇で作りあげたコミカルな振る舞いと同時に、幼い頃から舞台に立ってものにしてきた演技力を兼ね備えている彼女は、言葉もなしに、立ち方一つで演じている役を魅せると言われている。彼女が演じれば独特の空気感が漂うのだそうだ。2000年に主演を務めた映画「顔」では、引きこもりの女性を演じきり、喜劇や舞台女優としてでない新たな境地を開拓した。するとその時の演技が高く評価され、主演女優賞としてキネマ旬報賞や毎日映画コンクール、報知映画賞、ヨコハマ映画祭など数々の賞をものにした。女優としての才能を開花させ続けている彼女の演技は、ぜひ生で見て頂きたい。

藤山直美の日程

76人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

藤山直美の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

藤山直美のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 18:00更新)

藤山直美とは

藤山直美について

藤山直美とは、京都出身の女優である。1958年12月28日に生まれた彼女は、松竹新喜劇の人気喜劇俳優であった藤山寛美(ふじやまかんび)の五人娘のうちの一人で、自らも喜劇役者として、舞台を中心に、また映画やドラマなどでも活躍している。

1964年に上片落語の名跡、「桂春団治(かつらはるだんじ)」の生涯にスポットライトを当てたNHKのテレビドラマ「初代桂春団治」でデビュー。父親が主演を務めるドラマの中で6歳という幼さではあったがきちんと役をこなし、以降も吉本新喜劇に子役としてたつなど、着実に演技者としてのスキルを積んでいった。そんな彼女を一躍有名にしたのは、1992年4月6日から1992年まで放送されたNHKの連続ドラマ「おんなは度胸」だろう。泉ピン子と桜井幸子が主役を務めたこのドラマで、彼女は主人公と同い年の義理の娘という特徴的な役を見事演じあげ、名脇役として認知されるようになった。

喜劇などの舞台女優に加え、ドラマなどでも活躍の場所を手にした彼女は、さらに映画にも出演し数々の賞を受賞してきた。コミカルな立ち振る舞いと、幼い頃から培ってきた演技力、さらに自由なアドリブは、彼女にしかできない芝居を可能にしている。

藤山直美が好きな方はこんなチケットもおすすめ