藤原さくらは、女性シンガーソングライター。父親の影響で10歳からギターをはじめる。高校1年生の時、オーディションを受けるため、初めて楽曲を作成する。福岡のカフェ・レストランを中心にライブ活動をし、徐々に注目を集め、2014年3月上京。オリジナルアルバム「full bloom」でインディーズデビュー。2015年に「à la carte」メジャーデビュー。天性のスモーキーな歌声は、数多くの女性シンガーの中でも類を見ず聴く人を魅了させる。2017年には、3月公開の映画「3月のライオン」の後編主題歌を務めており、今後ますますの活躍が期待されている。また、全国10都市をめぐる「藤原さくらワンマンツアー2017」にも目が離せない。

藤原さくらの日程

2,006人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

藤原さくらのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/23 00:00更新)

藤原さくらについて

藤原さくらの魅力とは

父の影響で、10歳ではじめてギターを手にした藤原さくらは、洋邦問わずさまざまな音楽に親しむ幼少期を過ごす。高校進学後は、シンガーソングライターへの憧れからオリジナル曲の制作を開始し、少しずつ音楽活動を開始。地元・福岡のカフェ・レストランを中心としたライブ活動で、注目を集めた。2013年、その独特の感性から生まれた楽曲たちは「bloom1」「bloom2」「bloom3」と名付けられた自主制作盤(各4曲入)としてライブ会場を中心に販売し、見事完売。

2014年3月、高校卒業と上京のタイミングで、それら楽曲と新曲を含んだフルアルバム「full bloom」をリリース。以後、楽曲制作やライブ活動を本格的に開始し、CM出演や、テレビドラマへの曲提供などで話題となる。2016年3月18日に、スピードスターレコーズよりミニアルバム「à la carte」でメジャーデビューを果たす。同年放映された「ラヴソング」では福山雅治のヒロイン佐野さくら役に大抜擢。演技経験ゼロながらも圧倒される演技力と歌唱力で評を博した。歌手としてだけでなく女優としても活躍する藤原さくらの成長と活躍に目が離せなくなっている。

藤原さくらが好きな方はこんなチケットもおすすめ