藤子・F・不二雄ミュージアム取扱中!藤子F不二雄ミュージアムは、1961年から藤子F不二雄が死去する1996年までの35年にわたって暮らした川崎市内に設置された博物館である。入館方法は「事前予約制」を用いており、入館者数を1日2000人に制限している。藤子F不二雄(藤本 弘)といえばベレー帽とパイプがトレードマークであり、代表作には「ドラえもん」や「パーマン」、「キテレツ大百科」などがある。子ども向け作品を中心として漫画の執筆を続けた人物で、その漫画は「子どもたちの夢と願望を心にくいばかりに視覚化する」と評されるほど高い評価を受けており、没後も子ども向け漫画家の名手としての名声は今もなお顕在である。そんな藤子F不二雄の作品を直に体感できる場所があるとなっては、行かないわけにはいかないだろう。ぜひとも家族を連れて足を運んでみてほしい。

藤子・F・不二雄ミュージアム

273人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

藤子F不二雄ミュージアムのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/26 00:00更新)

藤子F不二雄ミュージアムについて

藤子F不二雄ミュージアムの魅力とは

藤子F不二雄ミュージアムは、2011年9月に開館した博物館で、藤子F不二雄の漫画作品を余すことなく体感できる施設である。

入館の際には音声ガイダンス装置「おはなしデンワ」が貸与され、日本語のほか、英語、中国語、韓国語の4言語での説明があり、日本語版には大人用と子ども用の2種類が用意されている。この装置はスピーカーの音声を聴く仕様であるが、イヤホンジャックもあるため、持参したイヤホンで聴くこともできる。館内には、漫画原画を展示した美術館のような空間から、実際にマンガが読めるコーナーやここでしか見ることのできない映像を流すシアターなどがあり、マンガに触れる機会を与えてくれる場所となっている。キッズコーナーや授乳室も完備されているため、小さなお子さんをお連れの方も安心して楽しめるはずだ。

また、作品にちなんだオリジナルメニューが楽しめるカフェや魅力的なグッズやお土産が手に入るショップなど、ここだけでしか味わえないものが多々あり、誰もが満足すること間違いなしだ。一度入れば退館は自由なため、閉館までいることも可能。一日中思う存分楽しんでいただきたい。大人から子どもまで無邪気に楽しめる、そんな博物館に一度足を運んでみてはいかがだろうか。

藤子F不二雄ミュージアムが好きな方はこんなチケットもおすすめ