藤木直人は、岡山出身の俳優、歌手である。幼い頃に父親の転勤で神戸・横浜・千葉と移り住んでいた。音楽との出会いは17歳の頃。歌手の布袋寅泰に憧れギターを始めた彼は、まず俳優として1998年にデビュー。翌年の1999年にシングル「世界の果て~the end of the world~」で歌手デビューを果たし、2000年にはアルバム「BUMP!」をリリース。ライブ活動も意欲的に行い、ギター・ピアノ・トランペットなど演奏したりダンサーと踊ったりとオールマイティな活動はもちろんのこと、近年では自らライブのプロデュースも行っている。1999年学園祭ライブから始まり、2000年にライブハウスツアー、2001年のホールツアーとどんどんキャパを広げていき、2006年には念願の日本武道館での公演も果たした。今後の活動にも期待したい。

藤木直人の日程

499人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

藤木直人のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/19 06:00更新)

藤木直人について

藤木直人の魅力とは

藤木直人は、岡山出身の俳優、歌手である。俳優や音楽関係を目指すきっかけは、高校2年生の頃に通っていた千葉県立佐倉高等学校のイベントで「ミスター佐倉高校」に選ばれたことにある。高校卒業後は一年浪人し、早稲田大学理工学部情報工学科に入学。在学中にファッション雑誌の「メンズノンノ」に自ら応募したものの最終審査で落選。しかし現在所属する事務所の人の目に留まり、1995年映画「花より男子」の花沢類役にて俳優デビューすることに。早稲田大学を無事卒業し、本格的に芸能活動を開始することになっていった。

1998年NHK大河ドラマ「徳川慶喜」の村田新三郎役、また「GTO」の警官役で初レギュラー出演を獲得。翌年の1999年には連続テレビ小説「あすか」でヒロインの相手役、2000年NHKドラマ「喪服のランデブー」にて初出演を果たした。その後も「ナースのお仕事」、「ラブ・レボリューション」、「高校教師」などに出演し、エランドール賞新人賞、また主演映画の「g@me.」にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し一躍有名となっていった。

またトークにも定評があり、2005年から「おしゃれイズム」のパーソナリティを務め、番組のテーマ曲も手掛けている。ドラマ・舞台・映画、また司会に音楽と幅広い分野で活躍する彼に注目していこう。

藤木直人が好きな方はこんなチケットもおすすめ