フジファブリックは、2000年結成の男性3人組ロックバンド。個性的でいて普遍的、ポップでいてロック、どこかに特異なものを感じる歌詞が魅力だ。2009年、ボーカルの志村が急逝。彼のカリスマ性と表現力は多彩で鮮烈であった。「赤黄色の金木犀」「若者のすべて」「夜明けのBEAT」などは現在でもファンに愛され続ける代表曲だ。現体制になっても、彼らにしか表現出来ない音楽性や歌詞の世界が今も息づいていて、変わらないけれど、よりポップに広がりをもって多方向のベクトルへと進化している。シングル曲「徒然モノクローム」は、フジテレビのノイタミナ枠で放送されたアニメ「つり球」のオープニングテーマとして起用された。フジファブリックは今後も要注目なバンドだ。

フジファブリックの日程

969人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

フジファブリックのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 18:00更新)

フジファブリックについて

個性派実力バンドの第一人者、フジファブリックのライブは一度聴いたら忘れられないインパクト!

フジファブリックが仕掛けてくる難解なリリックは、あまりにも味わい深いヴォーカルによって歌い上げられメロディーラインの軽快さに油断させられた誰もがついつい聞き込んでしまう。どこか懐かしくて切ないセピアな曲調に何かを思い出しそうな気分で答えを探し始めたら、それはもう フジファブリックの手練手管にはまってしまった証拠だ。

フジファブリックのライブはチケットの売れ行きも好調で、ヴォーカルの巧みさに負けず劣らずギター、ベース、ドラム、キーボードの演奏がバックバンドとは呼べないほどの存在感を放つ不思議なハーモーニーの異空間が存在する。個性派実力バンドの名に恥じない個性と才能が際立つ異色なフジファブリックサウンドは曲の中盤で曲調が180度転調することも少なくない。

チケットを手にライブを訪れた人は そんなフジファブリックサウンドに驚きを隠せないが、一度聴いたら忘れられないそのインパクトに再び会場に足を運んでしまうのだ。

フジファブリックが好きな方はこんなチケットもおすすめ