ふらいんぐうぃっち」は、「別冊少年マガジン」で2012年より連載中の石塚千尋による漫画作品だ。主人公で魔女の木幡真琴は、極度の方向音痴でまだまだ魔法は未熟。彼女は15歳の春、一人前の魔女になるため黒猫のチトと共に青森で居候を始めることになる。2016年にはテレビアニメ化され、声のキャストは篠田みなみ(木幡真琴役)、茅野愛衣(チト役)、菅原慎介(倉本 圭役)、鈴木絵理 (倉本 千夏役)、葵井歌菜(木幡 茜役)など、物語にさらなる華を添えている。立派な魔女を目指す真琴と仲間たちが織りなす、自由気ままでハートフルな物語がここに始まる。

ふらいんぐうぃっちの日程

22人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ふらいんぐうぃっちの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ふらいんぐうぃっちのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

ふらいんぐうぃっち について

ふらいんぐうぃっち の魅力とは

「ふらいんぐうぃっち」は2012年9月号から連載されている、ほのぼの系ファンタジー漫画だ。青森県弘前市出身の石塚千尋による原作漫画で、現在も「別冊少年マガジン」で連載中である。アニメ版は2016年4月から6月まで全12話で放送され、声は篠田みなみ(木幡真琴役)、茅野愛衣(チト役)、菅原慎介(倉本 圭役)、鈴木絵理 (倉本 千夏役)、葵井歌菜(木幡 茜役)、佐倉綾音(ケニー役)らが担当した。

主人公の木幡真琴は「15歳になったら、独り立ちする」という魔女のしきたりを守り、15歳の春に魔女たちが多く住む東北地方へ移り住む。魔女の真琴と使い魔である黒猫チトは、住んでいた横浜から離れ、青森県弘前市にある又いとこの飯田圭・千夏兄妹のいる家に居候を始めた。主人公の真琴はまだまだ新米魔女で、極度の方向音痴の高校生だ。彼女の使い魔のチトは17歳で、真琴より年上なことから「チトさん」と呼ばれている。そんな彼女たちは青森という新しい土地で、新たな出会いを通じて穏やかで楽しい毎日を送るようになる。自然豊かな東北地方を舞台に、のんびり気ままな魔女修行が幕をあける。

ふらいんぐうぃっちが好きな方はこんなチケットもおすすめ