福島ファイヤーボンズは、2015年4月に設立されたB.LEAGUEの2部東地区に所属し、福島県をホームタウンとするバスケットボールチームだ。チーム名は、燃え上がる闘志を表す「ファイヤー」と、絆・結束を意味する「ボンズ」に由来し、2014-15シーズンからbjリーグに参入した。マスコットキャラクターの「ボンズくん」は福島県の鳥キビタキをモチーフにし、チアリーダーズとともにカッコよくボンズポーズを決める。村上慎也(PG)がキャプテンを、友利健哉(PG)と菅野翔太(SF)が副キャプテンを務める。2mを越える高さのドノバン・ルイス・カーク(PF/C) とナイジェル・スパイクス(PF/C)を獲得し、ポストプレーの強化を図った。地域の復興を目指し県民とチームが強い絆で結ばれた福島ファイヤーボンズを応援しよう。

福島ファイヤーボンズの日程

1人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

福島ファイヤーボンズについて

地域を強い絆で結ぶ!福島ファイヤーボンズの魅力とは

2005年にbjリーグが発足して以降、日本男子バスケットボールのトップリーグはbjリーグとJBL(2013年からNBLに改編)の2リーグが併存する状態が続いていた。国際バスケットボール連盟 からの強い要望を受け、川淵三郎をチェアマンとした「JAPAN 2024 TASKFORCE」の主導の下、2015年4月、長年の課題だった統一プロリーグ・JPBLが設立された。JPBLは通称「B.LEAGUE」と呼ばれ、1部(18チーム)、2部(18チーム)、3部(9チーム)の階層に分かれ、1部と2部は東・中・西地区に分かれてリーグ戦とチャンピオンシップを争う。

B.LEAGUE2部東地区に所属する福島ファイヤーボンズは、東日本大震災から立ち上がり、県民の目標である「福島の幸せ」のシンボルカラー「フクシャパープル」をチームカラーとし、2014-15シーズンからbjリーグに参入した。東北地方では新興のチームだが、「福島県を元気に」を旗印に地域の絆を大事にし、福島県の代表として戦い抜くことをモットーとしている。
キャプテン村上慎也(PG)のゲームメイクと新たに加入したドノバン・ルイス・カーク(PF/C)、ナイジェル・スパイクス(PF/C)のインサイドワークとのコラボレーションが楽しみだ。

福島ファイヤーボンズが好きな方はこんなチケットもおすすめ