「FILL-IN 娘のバンドに親が出る」は吉本新喜劇の座長として知られる内場勝則が出演する舞台だ。音楽に人生をかけたいと言い出した娘を勘当し、妻とも別居している孤独な男 真下幸吉。そんな真下はある日、娘が交通事故で亡くなったことを知らされる。娘がどんな人生を送ったのかを辿っていくと、行きついたのはかつて娘が所属していたガールズバンド スキッドマークスであった。崩壊寸前のこのバンドをデビューさせるべく、音楽センスの全くない真下がドラムを担当し、奮闘していく。2017年7月より公演の「FILL-IN 娘のバンドに親が出る」は内場勝則の舞台初出演、バンドの生演奏も披露されるということで注目されている。

FILL-IN 娘のバンドに親が出るの日程

81人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

FILL-IN 娘のバンドに親が出るの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

FILL-IN 娘のバンドに親が出るのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/26 12:00更新)

FILL-IN 娘のバンドに親が出るについて

FILL-IN 娘のバンドに親が出るの魅力とは

「FILL-IN 娘のバンドに親が出る」は亡くなった娘の為にガールズバンドに加入することになった父親を主人公にした舞台だ。作、演出を務めるのは「MIDSUMMER CAROL ガマ王子 vs ザリガニ魔人」が「パコと魔法の絵本」として映画化もされた後藤ひろひと。出演は2010年にオダギリ・ジョー主演のドラマ「熱海の捜査官」でデビューし、「Miss Boys!」などの映画にも出演する相楽 樹。アイドルグループ乃木坂46のメンバーでファッション誌 CanCamの専属モデルも務める松村沙友理。「SHIROBAKO」の坂木しずか役や「アイドルマスター シンデレラガールズ」の松永 涼役などで知られる声優 千菅春香など。スーパー座長として知られる内場勝則の演劇デビューとなる今作。吉本新喜劇でお馴染みの池乃めだかも出演するとあって話題だ。劇中で生演奏するバンドの楽曲制作には、「汚れた下着」、「ここにいるよ」などで知られる中村 中が加わっている。中村はこれまでにも岩崎宏美やAAA、ジェロや由紀さおり、STARDUST REVUEなどにも楽曲を提供しており、「FILL-IN 娘のバンドに親が出る」は音楽にも非常に力の入った作品と言えるだろう。2017年7月からの公演だ。

FILL-IN 娘のバンドに親が出るが好きな方はこんなチケットもおすすめ