豊通ファイティングイーグルス名古屋は、2015年4月に設立されたB.LEAGUEの2部中地区に所属し、名古屋市をホームタウンとするバスケットボールチームだ。1957年の創部後、半世紀以上にわたり活動してきた豊田通商のスポーツ部の中でも最も歴史のあるチームとして知られている。2007年にJBL2部に所属し、2013年からはNBL傘下のNBDLでレギュラーシーズン3年連続1位と圧倒的な強さを示した。マスコットキャラクター「リードくん」は鳥の王者である鷲をイメージし、試合中は常にファイティングポーズを崩さない。チームは身長215cmのソロモン・アラビ(C)を筆頭に坂本 健(PF)、シェリフ・ソウ(PF)、神津祥平(SF)など高さのある選手が揃い、新たに福澤晃平(PG)、河相智志(G/F)、ロドニー・カーニー(SF)が加入した。豊通ファイティングイーグルス名古屋の鉄壁の守りを崩すのは容易ではない。

ファイティングイーグルスの日程

1人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

豊通ファイティングイーグルス名古屋について

立ちはだかる高い壁!豊通ファイティングイーグルス名古屋の魅力とは

2005年にbjリーグが発足して以降、日本男子バスケットボールのトップリーグはbjリーグとJBL(2013年からNBLに改編)の2リーグが併存する状態が続いていた。国際バスケットボール連盟 からの強い要望を受け、川淵三郎をチェアマンとした「JAPAN 2024 TASKFORCE」の主導の下、2015年4月、長年の課題だった統一プロリーグ・JPBLが設立された。JPBLは通称「B.LEAGUE」と呼ばれ、1部(18チーム)、2部(18チーム)、3部(9チーム)の階層に分かれ、1部と2部は東・中・西地区に分かれてリーグ戦とチャンピオンシップを争う。

B.LEAGUEの2部中地区に所属する豊通ファイティングイーグルス名古屋は、1957年にトヨタグループの総合商社・豊田通商のクラブチームとして創部された。1990年に社会人バスケットボールリーグの日本リーグに所属した。2007年からJBL2部に移行すると、2013年からNBDLに参入して3年間リーグ首位の座を譲らなかった。
空の王者の鷲(イーグル)をモチーフにしたマスコットキャラクター「リードくん」のファイティングポーズがブースターたちを鼓舞する。
ゴール下では絶対的な強さを誇るソロモン・アラビ(C)、スピードと判断力に優れた司令塔の大塚勇人(PG)など多彩なメンバーに、3ポイントを武器に持つロドニー・カーニー(SF)が加入し、攻撃のバリエーションが増えたファイティングイーグルスの戦略が楽しみだ。

ファイティングイーグルスが好きな方はこんなチケットもおすすめ