「フィガロの結婚」は、1786年にヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したオペラ作品として有名。1784年にフランスの劇作家ボーマルシェが制作した戯曲をもとに、イタリアの台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテによって台本化された。スペインのセビリアが舞台。18世紀半ばの様子が描かれており、秩序の崩壊が鮮やかに表現されている。イタリアのオペラ作曲家ジョヴァンニ・パイジエッロがオペラ化した「セビリアの理髪師」とフランスの作曲家ダリウス・ミヨーがオペラ化した「罪ある母」とともに、フィガロ三部作として有名である。モーツァルトの代表作として長年世界中で愛され続けている「フィガロの結婚」から、今後も目が離せない。

フィガロの結婚の日程

98人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

フィガロの結婚の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

フィガロの結婚のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/24 00:00更新)

「フィガロの結婚」について

「フィガロの結婚」の魅力とは

「フィガロの結婚」は、喜劇「セビリアの理髪師」の続編としてパリで初演され、大きな反響を得た。「狂おしき一日、あるいはフィガロの結婚(La Folle journée, ou le Mariage de Figaro)」が正式な題名となっている。フィガロという名の封建貴族に仕える家臣の結婚式をめぐる事件が描かれており、貴族への激しい批判する内容だったため、上演禁止となることもしばしば。1786年にモーツァルトがオペラ化することで批判要素が薄くなり評判も良好だったが、危険視する傾向も少なくはなかった。そのため、上演開始後すぐに他の作品と差し替えられてしまったが、チェコのボヘミア(当時はオーストリア領)の首都プラハでの上演をきっかけに、大ヒット作品となる。

同作が日本で初演を果たしたのは1941年で、東京音楽学校で上演された。舞台における初演は1952年だった。その後も日本で長年上演されており、2002年、2006年、2011年に宮本亜門演出で上演された際は、約3万人の動員を記録するほど大盛況となった。2016年には、音楽の魅力がより一層引き立った「フィガロの結婚」が披露されている。年々オペラとしての魅力が増している「フィガロの結婚」を、ぜひ劇場で堪能してみてほしい。

フィガロの結婚が好きな方はこんなチケットもおすすめ