「FIA世界ツーリングカー選手権」は、「格闘技レース」の異名を持つ自動車レースの大会である。スポーツカーではなく乗用車を改造したツーリングカーと呼ばれる車でおこなわれる自動車競技。1987年にスタートし大規模な大会として華々しくおこなわれるも、トラブルにより翌年から活動を控える。それからしばらく経った2005年、当時ヨーロッパで開催されていた大会に世界選手権と名付け再びFIAからの大会が開催されることになる。車両規定により定められた範囲の改造を施した車を使用、大会はレースの最速タイムを競うものであり格闘技レースとはいえあくまでも走ることを目的としている。日本国内でも度々開催されており、2017年秋には栃木県は茂木にてシリーズの日本ラウンドが開催されている。

FIA世界ツーリングカー選手権の日程

62人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

FIA世界ツーリングカー選手権の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

FIA世界ツーリングカー選手権のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 06:00更新)

「FIA世界ツーリングカー選手権」について

「FIA世界ツーリングカー選手権」の魅力とは

1987年に第1回大会が開催された「FIA世界ツーリングカー選手権」。その後少しの期間を空け2005年から毎年開催される国際的な自動車競技である。世界でもトップクラスの激しさを誇り、レースでの競技が基本となりながらその激しさ故に「格闘技レース」「世界一の喧嘩レース」とも呼ばれている。同じように世界的に人気を博すF1などと比べるとその差は歴然であり、レースの距離の短さ、それによる短時間での勝敗の決定、そして度々起こるクラッシュなども見所となっている。車の規定も厳しく設定されており、基本となるのは4座席以上の車。そのためレースにはおよそ似つかわしくないファミリータイプの車が走ることになり、コースを埋め尽くす車両には圧倒されてしまう。

2007年からは国内から「横浜ゴム」が公式タイヤメーカーとして決定し、全車両がこのメーカーのタイヤを装着している。歴代のチャンピオンはそのほとんどが幾度も優勝を飾っており、アンディ・プリオール、イヴァン・ミュラー、ホセ・マリア・ロペスらが優勝を重ねている。大会開催の特徴として、現地での観客はもちろんのことテレビでの放送に力を注いでおりエンターテインメント性の高さもまた世界一。迫力のレース展開とクラッシュ、その全てに観客は興奮を覚えることになる。

FIA世界ツーリングカー選手権が好きな方はこんなチケットもおすすめ