日本を代表するヴァイオリニスト諏訪内晶子が1989年にエリザベート王妃国際音楽コンクールで第二位を受賞、1990年に史上最年少でチャイコフスキー国際コンクールで優勝してから20年の時を経た今。演奏家として新しいチャレンジの連続の毎日をおくる傍ら、同時代の音楽家たちとともにフェスティバルを開催したいとの思いから構想され大きな一歩となったのが国際音楽祭NIPPONである。この音楽祭のコンセプトは、素晴らしい音楽家と音楽を表現すること、自身の音楽家としての経験を伝えること、音楽祭で新作を生み出し音楽文化の財産としていくことである。2014年3月には東日本大震災チャリティーコンサート、また諏訪内晶子&江口玲ヴァイオリンリサイタルとして仙台と名古屋で開催、中でも諏訪内晶子は芸術監督としてもその腕を見せつけた。

国際音楽祭NIPPONの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

国際音楽祭NIPPONについて

国際音楽祭NIPPONの魅力とは

国際音楽祭NIPPONはドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団とともに第3回国際音楽祭NIPPONが開催される。11月30日と12月7日の15時から開演予定で会場は横浜みなとみらいホール。出演は当然ながらヴァイオリンとして諏訪内晶子、指揮はパーヴォ・ヤルヴィがとる。オーケストラ・ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団との共演はこの冬一番の見ものである。チケットはS席からC席、さらには学生席チケットまで用意。誰もが一流の音楽に触れることができるイベント、それが国際音楽祭NIPPONである。

国際音楽祭NIPPONが好きな方はこんなチケットもおすすめ