二月花形歌舞伎は、毎年2月に大阪松竹座、博多座で開催されている歌舞伎。市川染五郎をはじめ、片岡愛之助、片岡孝太郎、市川右近、尾上松也、大谷桂三、中村隼人など毎年個性溢れる役者が出演していることで注目を集めている。過去には、昼の部「新八犬伝」夜の部「GOEMON 石川五右衛門」の演目で片岡愛之助が一人四役宙返りを務めあげ賞賛を得ている。毎年2部構成からなっており、2017年は、午前の部「一、義経千本桜」「二、三人形」午後の部「一、金閣寺」「二、連獅子」と見応えたっぷりの演目になっている。チケットキャンプでチケットを入手し、是非「二月花形歌舞伎」を観に行こう。

二月花形歌舞伎の日程

260人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

二月花形歌舞伎の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

二月花形歌舞伎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/27 12:00更新)

二月花形歌舞伎について

二月花形歌舞伎の魅力

二月花形歌舞伎は、毎年豪華役者陣が公演を行うことで注目を集めている歌舞伎の1つとされている。演目は毎回2部構成で行われており、丸一日訪れる観客を飽きさせないよう工夫されている。また、2月開催ということもあり、節分イベントとして豆まきを行ったり、新年のはじめとして今年の抱負を語ったりする場面も設けられている。過去の出演者として、市川染五郎、片岡愛之助、片岡孝太郎、市川右近、尾上松也、大谷桂三、中村隼人など歌舞伎界で輝く役者が出演していることから毎年チケットの入手が困難になっている。

また本来歌舞伎は、日本の重要無形文化財の1つとされており伝統芸能の1つでもある。戦国時代の終わり頃から江戸時代の初頭にかけて、「歌舞伎」が流行し、当初は「歌舞伎踊り」は女性が踊っていたことが歌舞伎の名前の由来にもなっている。この二月花形歌舞伎でも、「花形」は美しい人を指す表現の1つとして名前に盛り込まれている。二月花形歌舞伎を観ながら、日本の重要無形文化財の歴史を感じてご覧になっていただきたい。

二月花形歌舞伎のチケットを入手して華々しい舞台を体感してみてはいかがだろうか。

二月花形歌舞伎が好きな方はこんなチケットもおすすめ