二月大歌舞伎は、毎年2月に歌舞伎座で開催される歌舞伎興行である。中村勘九郎をはじめ、中村七之助、尾上菊五郎、中村梅玉、市川染五郎、尾上菊之助など豪華な役者が出演し、注目を集めている。毎年昼と夜の2部構成からなっており、2017年は昼の部、「猿若江戸の初櫓」、「大商蛭ケ島」、「四千両小判梅葉」、「扇獅子」を。夜の部、「門出二人桃太郎」、「絵本太功記」、「梅ごよみ」と全部で7作の演目となっており、見応えたっぷりである。また、「門出二人桃太郎」では、三代目中村勘太郎が兄の桃太郎を、二代目中村長三郎が弟の桃太郎を演じ、初舞台を勤めることから全力で応援したい。チケットキャンプでチケットを入手し、ぜひ「二月大歌舞伎」を観に行こう。

二月大歌舞伎の日程

701人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

二月大歌舞伎の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

二月大歌舞伎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/21 12:00更新)

二月大歌舞伎について

二月大歌舞伎の魅力とは

二月大歌舞伎は、毎年二月に公演を行う第一線級の俳優をそろえた歌舞伎興行である。過去の出演者として、尾上菊五郎、中村梅玉、中村吉右衞門、松本幸四郎、など歌舞伎界で大活躍の役者たちが出演している。このことからも、毎年チケットの入手が困難になっている。公演は毎回昼の部、夜の部と2部構成で行われており、歌舞伎を1日中楽しめるように工夫されている。また、演目も毎回違っており、2016年度の昼の部では大作「新書太閤記」1本を公演したのに対し、2017年度では「猿若江戸の初櫓」、「大商蛭ケ島」、「四千両小判梅葉」、「扇獅子」と4本の演目が揃っており、毎年観劇に行っても新しい楽しみ方ができる。また、2017年度二月大歌舞伎夜の部、「門出二人桃太郎」では、三代目中村勘太郎が兄の桃太郎を、二代目中村長三郎が弟の桃太郎を演じ、初舞台を勤めることから大注目の公演となっている。

2月公演ということもあり、二月大歌舞伎では公演中に出演俳優による節分追儺式の豆まきが行われる。豆が場内に大きく舞うと、花道や2階席、3階席などにもまかれ、観客も一斉に立ち上がって大きな歓声があちこちで起こり、観客も演者と一体となって楽しめる空間を作りあげている。

二月大歌舞伎のチケットをチケットキャンプで入手して観に行こう。

二月大歌舞伎が好きな方はこんなチケットもおすすめ