二月大歌舞伎取扱中!二月大歌舞伎とは毎年2月に東京都は銀座異の歌舞伎座で開催されている歌舞伎公演。1889年から続いている歴史的な公演として現在に至るまで多くの人が足を運んでいる。実に100年以上の歴史を持ち、火事や空襲など時代のうねりに巻き込まれながらも伝統と格式を現代にまで引き継ぎ公演を続けている由緒正しき公演である。その名の通り2月の一月間開催される公演で、歌舞伎の他に催しを行う年もある。2018年開催時には松本家から3人の同時襲名披露が発表されており、ここ数年の中でも特別豪華な顔ぶれが披露される。さらにその年は歌舞伎座130年という記念の年、襲名はもちろん公演自体も非常に大規模なものとなる。1日にいくつもの公演が予定されており、出演者や公演内容でがらりと変わる公演はファンならずとも楽しめる。

二月大歌舞伎

686人が登録中

すべての公演 出品中 (2) リクエスト中 (0)

もっと見る(50件) 閉じる

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

二月大歌舞伎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 18:00更新)

二月大歌舞伎について

二月大歌舞伎の魅力とは

二月大歌舞伎とは2018年で130年を迎える東京銀座の歌舞伎座で毎年開催されている歌舞伎の伝統的な公演である。歌舞伎ファンからも大きな注目を集め、その都度話題を提供している二月大歌舞伎。2018年には歌舞伎界にとっても大きな年となるであろう、歌舞伎界をはじめ日本の芸能界でも大きな存在となる松本幸四郎一家の親子同時襲名披露が発表される。松本幸四郎、市川染五郎、松本金太郎という3人がそれぞれ、二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎を襲名、130年の年に歴史的な場での襲名発表という今しか見れないその内容は後世にも語り継がれることになる。肝心の歌舞伎公演もまた2月いっぱい全ての日で昼と夜のいくつもの部に別れ、それぞれで有名作品を公演している。その年の公演は「仮名手本忠臣蔵」「春駒祝高麗」など知る人ぞ知る名作ばかり。歌舞伎公演の中でもひと際異彩を放つ公演として1889年当初から大きな話題を集めていた。劇場の大きさ、証明という当時の最新設備の設置など時代を先取りする中、度重なる災害の被害など時代を象徴する存在として立ち続けた。その結果歌舞伎座は2002年に国の有形文化財に登録、公演内容だけでなく場所そのものに歴史のある存在となる。

二月大歌舞伎が好きな方はこんなチケットもおすすめ