FC岐阜は、2001年に創設された日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟のプロサッカークラブである。ホームタウンは岐阜県岐阜市を中心とする岐阜県全県であり、ホームグラウンドは岐阜メモリアルセンター長良川競技場だ。2001年4月に岐阜県サッカー協会によって創設され、2002年からはスティックルバック・スポーツクラブ(SSC)が運営母体となっている。以降、東海社会人リーグで活躍を見せ、2007年3月にJリーグ準加盟クラブとして承認され、翌2008年に念願のJリーグに加盟している。2008年シーズンからは、Jリーグディビジョン2(現J2リーグ)にて、熱い戦いを続けているクラブチームである。ぜひJ2リーグで優勝し、J1に昇格してほしい。

FC岐阜の日程

102人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

FC岐阜の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

FC岐阜のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 18:00更新)

FC岐阜について

FC岐阜の魅力とは

FC岐阜は、岐阜県岐阜市を中心として岐阜県全県をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟のプロサッカークラブである。クラブ名は「FootballClub岐阜」の略称であり、岐阜のシンボルとなるサッカークラブを目指す意味が込められている。チームロゴやエンブレム、チームカラーには、県花であるれんげ草と岐阜の象徴とも言える木曽三川がモチーフとして使用されており、情熱(赤)、知性(青)、調和(緑)がデザインされている。ホームスタジアムは岐阜メモリアルセンター長良川競技場であり、練習場は岐阜メモリアルセンター長良川球技メドウだ。これまで正式なマスコットキャラクターがおらず、第67回国民体育大会のマスコット「ミナモ」や、岐阜県に本社を構える(株)日本一ソフトウェアのマスコットの「プリニー」が、期間限定で応援マスコットとして活動していた。そしてついに2017年7月より、公式マスコットキャラクターの「ギッフィー」が正式に誕生し、注目を集めている。トップスポンサーには、日本特殊陶業や西濃運輸、シーシーアイ、岐阜市信長公450プロジェクト実行委員会、COPINなどがおり、ユニフォームサプライヤーは2017年からニューバランスである。

FC岐阜が好きな方はこんなチケットもおすすめ