お父さんと伊藤さん」は同名小説が原作の映画である。主役の彩を演じるのは「陽だまりの彼女」以来約2年ぶりの主演映画となる上野樹里。伊藤さんにはイラストレーターや小説などマルチな才能を発揮し、近年は役者として高い評価を得ているリリー・フランキー。そして彩の父親には日活俳優として知られ、黒沢 清監督「アカルイミライ」など若手監督の作品にも出演する藤 竜也。メガホンを取るのはデビュー作「モル」が2001年PFFアワードグランプリを受賞、「百万円と苦虫女」、「ふがいない僕は空を見た」などで知られるタナダユキ。「お父さんと伊藤さん」の完成披露試写会にて舞台挨拶の開催が決定し、大注目となっている。

お父さんと伊藤さん 舞台挨拶の日程

17人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

お父さんと伊藤さんの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

お父さんと伊藤さんのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

映画 お父さんと伊藤さんについて

映画 お父さんと伊藤さんの魅力とは

小説家、中佐和日菜子が2014年に発表し、第8回小説現代長編新人賞を受賞した同名小説が原作の映画「お父さんと伊藤さん」。
主人公の彩は34歳。20歳離れたバツいち伊藤さんときままに同棲している。そこへ突然やってきた彩の父は、この家に住むと譲らない。そこから彩と伊藤さんと父親の奇妙な同居生活が始まった。

主役の彩を演じるのは「陽だまりの彼女」以来約2年ぶりの主演映画となる上野樹里。伊藤さんにはイラストレーターや小説などマルチな才能を発揮し、近年は役者として高い評価を得ているリリー・フランキー。そして彩の父親には日活俳優として知られ、黒沢清監督「アカルイミライ」など若手監督の作品にも出演する藤 竜也。メガホンを取るのはデビュー作「モル」が2001年PFFアワードグランプリを受賞、「百万円と苦虫女」、「ふがいない僕は空を見た」などで知られるタナダユキ。脚本は映画やテレビで数多くの作品を手掛ける黒沢久子が担当。

脚本、監督が女性の作品となっている。この映画は「音」にとても拘りを持って作られており、様々な環境音などが試行錯誤されている。
そしてその音のトリを務めるのがユニコーンだ。エンディングテーマ「マイホーム」がどのように映画を締めくくるのかにも注目して観賞したい。

お父さんと伊藤さん 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ