日生劇場ファミリーフェスティバルは、毎年夏休みに日生劇場で上演されるファミリー向け公演。クラシックコンサートやミュージカル人形劇、寄席など、本格的な舞台芸術を親子で一緒に親しむことができる人気のイベントとして知られている。1993年に日生劇場開場30周年を記念してスタートされ、国内外のバラエティに富んだ良質な舞台作品を手頃な価格で楽しめるのが特徴。未就学児から舞台作品に触れられるような作品作りがされており、夏休みの自由研究のテーマにも応用できる。大人からも子供からも好評を得ているイベントだ。また、中学3年生までは大人料金の半額で鑑賞できるとあって、お得な値段設定は大人から特に高い評価を得ていると言える。

ファミリーフェスティバルの日程

131人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ファミリーフェスティバルの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ファミリーフェスティバルのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/23 00:00更新)

日生劇場ファミリーフェスティバルについて

日生劇場ファミリーフェスティバルの魅力とは

日生劇場ファミリーフェスティバルは、1993年からスタートした親子で本格的な舞台芸術に触れることができるファミリー向け公演である。毎年夏休みに国内外のバラエティに富んだ良質なクラシック・コンサートやミュージカル人形劇、寄席など見応え十分な舞台作品が上演される。

毎年コンスタントに4公演が上演され、2017年にはアリスのクラシックコンサート「ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行」、パペット・ファンタジー「ムーミン谷の夏まつり」、ニッセイ親子寄席、東京シティ・バレエ団「コッペリア
日生劇場版」が上演される。中でもアリスのクラシックコンサートは2007年からスタートした人気演目であり、演奏も音楽の知識も物語と一緒に楽しむことができるとあってまさしく音楽史を音楽劇で学べるものとなっている。

また、1948年に発足した人形劇団ひとみ座による「ムーミン谷の夏まつり」は新制作の人形劇で期待も大きい。「ニッセイ親子寄席」は2014年に好評を博した柳家花緑よる構成・出演であり、東京シティ・バレエ団による「コッペリア」は初演以来300回上演されている人気作品である。今や夏休みには欠かせないイベントの一つとなっている。

ファミリーフェスティバルが好きな方はこんなチケットもおすすめ