三代目J Soul Brothers「C.O.S.M.O.S~秋桜~」テーマ・PV・振付・メンバーのコメント・ファンの感想を徹底解剖!

三代目JSoul Brothersの真骨頂”踊れるバラード”として魅力が集まる楽曲「C.O.S.M.O.S~秋桜~」。三代目JSoul Brothersの春夏秋冬シリーズ第3弾としても話題になりました。今回は「C.O.S.M.O.S~秋桜~」のテーマ、メンバーのコメントなども一緒にご紹介していきたいと思います。さらに男らしさや色気を感じる振り付けにも注目です!意外とみんな知らないアンサーソングについても紹介していきます!必見です!

三代目J Soul Brothers 「C.O.S.M.O.S~秋桜~」とは?

「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」は、三代目 J Soul Brothers 春夏秋冬シリーズの第3弾として、2014年10月14日に発売されました。

春夏秋冬シリーズ第1弾は「S.A.K.U.R.A.」、第2弾はランニングマンで話題になり、第56回日本レコード大賞を受賞した「R.Y.U.S.E.I」に次ぐ通算14枚目のシングルです。

最近ではアップテンポな楽曲も増えてきていますが、やはり三代目といえば”バラード”という方も多いはずです。

今回はそんな三代目JSoul Brothersの真骨頂とも言われる王道バラード曲「C.O.S.M.O.S~秋桜~」をご紹介します。

歌詞や振り付け、メンバーやファンのコメントなども合わせて、徹底解剖していきます!

 

三代目J Soul Brothers「C.O.S.M.O.S~秋桜~」テーマは?

「C.O.S.M.O.S~秋桜~」の作詞を担当したのは、小竹正人さん。三代目JSoul Brothersの代表作「花火」や「冬物語」などをはじめ、EXILE TRIBEで数多くの楽曲を作詞されています。

「C.O.S.M.O.S~秋桜~」は、女性をコスモスに例え、「禁断の恋、叶わぬ恋」をコンセプトに、男性目線で描かれた作品となっています。

疾走感溢れるサウンドの前作「R.Y.U.S.E.I.」とは真逆で、踊れるバラードをテーマにした楽曲となっているそうです。

三代目の楽曲の中で1番切ない歌詞になっているのではないでしょうか。

三代目J Soul Brothers「C.O.S.M.O.S~秋桜」PVは?

「C.O.S.M.O.S~秋桜~」のPVは、メンバーも三代目史上、一番美しいPVに仕上がったと言うほどの出来栄えです。

今回はダンスシーンだけでなくパフォーマーも一人ひとりがフューチャーされており、そちらの表情にも注目です。

また、話題となったのが水の上で踊るシーン。豪華なセットを背景に、水の上で踊るシーンは、ダンスと芸術の最高のコラボレーションとなっており、大人の色気が漂うPVとなっています。

メンバーの普段見られないような表情が盛り沢山となっているので、是非皆さんもチェックしてみてくださいね♡

三代目J Soul Brothers「C.O.S.M.O.S~秋桜~」の振付は?

「C.O.S.M.O.S~秋桜~」の振付を手がけているのは、前作「R.Y.U.S.E.I」のランニングマンを振付したことで話題になった三代目J Soul Brothersの「ELLYさん」です。

曲の世界観や歌詞に込められた思い、ボーカルの歌を聴いて、イメージを膨らませていきます。今回は最初に聴いた段階で2人の歌が入っていたので、よりイメージが鮮明に浮かび上がってきたし、「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」ならではの振りが間違いなくできると確信できたので、すぐに振り付けや7人のフォーメーションを作ることができました。

(出典先:http://www.m-on.press/music/0000004495?show_more=1

PVでのダンスシーンを見てみると、ハートの形を手で作っていたり、歌詞に合わせて口を抑えてみたり。ダンスの振付が難しいと言われるバラード曲でも体で表現するELLYさんはさすがですね。

バラードでデビューした三代目J SoulBrothers。やはり三代目といえば、王道はバラード曲です。ELLYさんを含め、三代目のパフォーマーは、歌うように踊るということを目指して活動されてきたそうです。

今回の「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」のようにバラード曲やミディアム・スローな曲でダンスをするのは三代目J Soul Brothersならではですね!

三代目J Soul Brothers「C.O.S.M.O.S~秋桜~」メンバーのコメント

「C.O.S.M.O.S~秋桜」についてメンバーからのコメントをまとめていきます。

男性目線で想いを抱いてる相手をコスモスに例え、切ない、儚い世界観を表現してます。言葉一つ一つをより伝わるように大事に喋るように歌うことを意識しました。是非『C.O.S.M.O.S.』の世界観を感じて下さい。(今市隆二)

(出典先:BARKS

1年前では、このような映像にならなかったと思うくらい、様々な経験を経て、ちょうど人間としても成熟への一歩目を踏み出した三代目メンバーだからこそだせる、色気や表情が現れた作品になりました。(小林直己)

(出典先:BARKS

初めて聴いた瞬間に、男らしさと色気を持ったダンスがマッチする曲だと思ったし、パフォーマーが踊っている姿をすぐにイメージできたので、これからも大切に温めていくべき曲になるんだろうなと思いました。(山下健二郎)

(出典先:M-ON!Press

「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」は新曲なのに、どこか懐かしい感じがしました。これぞ三代目の王道スタイルというか。僕の中では初心に立ち返れた新曲でしたね。(片岡直人)

(出典先:M-ON!Press

熱狂できる攻めたサウンドで盛り上がれる前作「R.Y.U.S.E.I.」も三代目らしい曲でしたけど、「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」の歌の世界観やパフォーマンスも、僕らの“らしさ”を最大限に魅せることができたバラードだと思います。(登坂広臣)

(出典先:M-ON!Press

僕らパフォーマーはダンスという視覚でしか曲の世界を伝えることができないけれど、ボーカルの歌声や歌詞や曲が持っている世界観を増幅させるために、5人はパフォーマンスしている。パフォーマーが加わることによって、もっとこの曲を好きになってもらいたい。(岩田剛典)

(出典先:M-ON!Press

今回は最初に聴いた段階で2人の歌が入っていたので、よりイメージが鮮明に浮かび上がってきたし、「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」ならではの振りが間違いなくできると確信できたので、すぐに振り付けや7人のフォーメーションを作ることができました。(ELLY)

(出典先:M-ON!Press

三代目J Soul Brothers「C.O.S.M.O.S~秋桜~」ファンの感想は?

#三代目jsoulbrothers

A post shared by 三代目ファン♥LDH (@hiro_4ji) on

切ない歌詞に、ボーカル2人の歌声。三代目王道の踊れるバラードとして「C.O.S.M.O.S~秋桜~」は、ファンの間でも人気度が高いです。

三代目J Soul Brothers「C.O.S.M.O.S~秋桜~」まとめ

(出典先:Pixabay

三代目J Soul Brothers「C.O.S.M.O.S~秋桜~」についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

男性目線で描かれた「C.O.S.M.O.S~秋桜~」ですが、なんとアンサーソングがあるのは皆さんご存知でしょうか?

実は、同じLDHグループ、Flowerの「秋風のアンサー」がアンサーソングだと言われているんです。

その説として、

作曲家が同じ

振付がリンクしている

この2つのことが挙げられています。

この2曲の歌詞や振付を見比べてみると、更に世界観が楽しめるかもしれませんね♪

禁断の恋、叶わぬ恋をコンセプトに描かれた三代目J Soul Brothers「C.O.S.M.O.S~秋桜~」。

改めて皆さんも聴いてみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。