三代目JSBのグループカラーって?気になるメンバーカラーを徹底検証!

ツアーの公演追加や新曲発売など話題に付きない三代目J Soul Brothers。今回は三代目J Soul Brothersの気になるグループカラーやメンバーカラーが何色なのか徹底検証しました。そのカラーになった理由もご紹介します。メンバーカラーを身に着けてライブに行きたい方は参戦前必見です!

三代目のライブに行く人は必見!グループカラーを検証!


ランニングマンで一躍有名になった「R.Y.U.S.E.I.」が大ヒットし、一躍有名グループとなった「三代目J Soul Brothers」。

大人気でライブのチケットがなかなか取れないことでも有名です。もしライブを見に行くことができることになったらファッションも気合をいれていきたくなりますよね。

音楽グループにはよくグループカラーやメンバーカラーがあり、ライブで好きなメンバーの色のライトを持ったりします。三代目J Soul Brothersにもそのような色があるのでしょうか?

そこで今後のライブ参戦の時の勝負服を決めるのに参考になりそうな、彼らにまつわる色について調査しました。これを読んで、ライブの時も好きなメンバーのイメージで楽しい時間を過ごしましょう!

まず三代目 J Soul Brothersのグループカラーは?

公式には三代目にはグループカラーやメンバーカラーの決まりは無いようですが、青のイメージを持っている方が多いようです。

それは公式のキャラクターやグッズにイメージカラーのヒントがあるようです。どういった理由からファンの皆さんのイメージではグループカラーは青だと言われているのか検証してみました。

ファンの間で三代目のイメージカラーが青になっている理由は?

2014年のアリーナツアーのタイトルは「BLUE IMPACT」

2015年のアリーナツアーのタイトルは「BLUE PLANET」

このように、二年連続でツアータイトルに「BLUE」と入っていました。その影響で青がグループカラーと言われているようです。

ライブの演出にも青色が!


曲名にもBLUEがついているものもあります。

2014年に発売された、THE BEST/BLUE IMPACTに収録されている「JSB BLUE」です。この曲はその年に開催されたBLUE IMPACTツアーでも披露されました。

ライブのグッズにも青が

このように、「BLUE IMPACT」「BLUE PLANET」はもちろん、1stツアーの「ZERO」の時からマフラータオルは青色でした。
タオル以外にもTシャツなど様々なグッズに青が使われています。

他にも青イメージが…!

曲名やツアータイトル以外にも実は三代目のグループカラーが青のイメージを持たせれている要因があります。

それはEXILE TRIBEのキャラクターのブルースコーピオンです。
ブルースコーピオンは「EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014」でライブツアーを行った際の三代目が登場する前のVTRに登場しています。

最近だとラインスタンプになって配信されているようです。

他のEXILE TRIBEのグループにもキャラクターが

  • 「EXILE」が「ジェネシス」で赤いキャラクター
  • 「THE SECOND from EXILE TRIBE(現在はEXILE THE SECOND)」がグリーンドラゴンで緑のキャラクター
  • 「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」が「ブルースコーピオン」で青のキャラクター
  • 「GENERATIONS from EXILE TRIBE」が「ジェネレーションロボット」で黄色のキャラクター
  • 「E-Girls」が「スウィートリベンジ」でピンクのキャラクター

戦隊もののキャラクターのように色で分かれていてそれぞれ個性的なデザインです。

最近イメージカラーが変わった?

これまで青をイメージカラーとする理由をご紹介してきました。しかし昨年から開催されているドームツアーでは青から一転、紫色になっています。

ファンの間でも戸惑いの声が上がっているようです。今後もずっと紫がグループカラーのように使われていくのか注目されています。

メンバーそれぞれのイメージカラーはあるの?

公式にはメンバーそれぞれにイメージカラーは設定されていません。

しかし、色々な理由からイメージされる色があるメンバーもいるようです。

グッズによっては色分けされている

ライブのグッズのブレスレットですが、それぞれ色が割り振られているようです。

  • リーダーのNAOTO:紫
  • 同じくリーダーのNAOKI(小林直己):オレンジ
  • ELLY:緑
  • 山下健二郎:黄色
  • 岩田剛典:ピンク
  • 今市隆二:青
  • 登坂広臣:赤

となっています。

しかしファンの間ではこの公式のグッズの色分けとは違うイメージがあるようです。

ボーカルの2人は赤と青の炎?

リーダーであるNAOTOさんが「BLUE IMPACT」のライブDVDのインタビューでボーカルの2人を赤と青に例えています。

今市さんは燃えるような赤、登坂さんは高温で燃える青い炎、対照的だけれど2人とも熱く燃える性格を表した言葉です。

パフォーマーのELLYさんも登坂さんには青のイメージを持っているようです。

2人の性格を的確に捉えているメンバーならではの表現でファンの間でも今市さんは赤、登坂さんは青で定着しているようです。

実際の性格も今市さんは情熱的で思ったことをストレートにぶつけるタイプで、登坂さんはクールであまり自分の意見を表に出さないタイプのようなので、赤と青のイメージが合うと言われているようです。

ボーカルはマイクが色分けされている

ちなみに、2人がそれぞれライブ等で使うマイクは今市さんが赤、登坂さんが青で印が入っているので公式でも2人は赤と青の色で分かれています。

ちなみにELLYさんがラッパーで曲に参加しているときのマイクの色は金色だったこともあります。

これは毎回ではないので、演出的なものと捉えられているようです。

衣装の色もイメージに影響している?

今市さんは衣装でも赤を着ていることが多いようです。

今市さんの情熱的で明るい性格にも赤という色はぴったり似合っているようです。

「BLUE IMPACT」ツアーの衣装では、今市さんが赤で登坂さんが青の衣装を着ていました。

衣装の色は本人のイメージから来ているものが多そうなので周りのスタッフさんなどからも二人のイメージの色が赤と青と考えられていることがわかりますね。

次にライブに行くときはどんな色を着ていきますか?


ここまで検証してきて三代目のグループカラーは青が有力ですが、今回のツアー「METROPOLIZ」は紫のイメージでした。

メンバーカラーは、ファンの中では今市さんは赤で登坂さんが青のイメージという事がわかりました。その他のメンバーも公式グッズで色が分かれていることもわかりました。

これからまだライブもどんどん続いていきますし、METTROPOLIZは続編の開催も発表されています。今年もライブの予定が沢山ある三代目ですから、参加される方はぜひご紹介した色を参考にコーディネートしてみると良いかもしれませんね。

2017:最新グループカラーはいずこへ?

今回のツアーロゴが発表になりましたが三代目のイメージが強かった青がありません。
ファンの方も戸惑っているようですがこれは今後も行方を追う必要がありそうですね。

もっと三代目について知りたいという方はこちらをチェック

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。