GENERATIONSメンバーとナイナイ岡村との絆とは?

GENERATIONS from EXILE TRIBEは現在、「GENERATIONS LIVE TOUR 2015 “GENERATION EX”」のツアー真っ最中。新曲「Hard Knock Days」は現在放送中の大人気アニメ「ワンピース」の新主題歌として大好評、そして、5/13(水)にはニューシングル「Evergreen」が発売と目が離せません。

GENERATIONS from EXILE TRIBEとしてだけではなく、個性をいろいろと発揮してきて様々な分野で活躍していますが、EXILEファミリーの一員とあってバラエティなどにも積極的に出演しています。

EXILEといえばめちゃイケ、岡村といえばオカザイルといった具合に、深い関係にあります。ということで、今回はGENERATIONSのメンバーとナイナイ岡村の関係についてご紹介していきたいと思います!

GENERATIONSと“オカザイル”岡村の出会いはいつごろ?

EXILEとナイナイ岡村といえば、仲良しだし一緒に踊ってるし、ライブに出ちゃうし・・・ということで、深い関係性はすぐに納得ですが、あえてGENERATIONSとの関係性ということでピックアップするには、あるメンバーとの出会いからご紹介しなければなりません。

そもそもGENERATIONSは、EXPGの特待生や生徒たちから選抜されたメンバーで成り立っているのは皆さんご存知だと思います。そんなスクールの生徒さんという立場のメンバーが、なぜナイナイ岡村と関係ができたのでしょうか?それはみなさんも良くご存知のあの飛び入りライブが関係しています。

そう!2007年、ナイナイ・岡村がダンスをみっちりと身につけて、EXILEのライブに飛び入り参加!という無謀な企画を遂行したこと。あれが、GENERATIONSとの出会いの始まりです。

小学生だったGENERATIONSメンバーが岡村にダンスレッスンしていた!

このオカザイル企画が放送された当時、小さい体の岡村さんが、同じくらいの(と言っては失礼ですが・・・)身長の小学生にダンスを教えてもらう様子を見た人も多いと思います。その小学生が当時のEXPGのキッズだった生徒さんたちなのです。

そのキッズ達、全部で9人いたのを覚えているでしょうか?名前は、ユウト、モモカ、ミユ、アンジ、シオリ、ナギサ、ヒイロ、ショウ、タロウ、ハヤト。

あれ?聞き覚えのある名前が!そうなんです。ここに現在のGENERATIONSのメンバー、ハヤトくんこと小森隼がいたのです!当時、キッズのリーダーをつとめていました。これが、岡村さんとGENERATIONSメンバーの最初の出会いということになります。

famと繋がるならシェアしよう!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。