GENERATIONSのバラード曲「涙」歌詞やメロディを徹底解明

GENERATIONSの話題のバラード曲「涙」をご存知ですか?今回は、GENERATIONSの「涙」に関する情報を、歌詞からファンの感想、そしてMVにまつわる噂まで徹底的にご紹介いたします。

【GENERATIONSの話題のバラード曲「涙」】

👊🏼Go for Broke👊🏼 #GENERATIONS #EXILETRIBE

A post shared by Alan Shirahama 白濱亜嵐 (@alan_shirahama_official) on

2016年には、初のアリーナツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2016 “SPEEDSTER”」を成功させるなど、人気急上昇中のGENERATIONSですが、今回はそんな彼らの人気バラード曲「涙」をご紹介いたします。

泣けると話題の歌詞から、ファンの感想まで徹底解明いたします!

【GENERATIONSの「涙」ってどんな曲?】

2016年6月29日に発売されたGENERATIONSのシングル「涙」は、GENERATIONSが初めてシングルとして発表するバラード曲です。フレッシュで元気なイメージをもつ普段のGENERATIONSの雰囲気とは違って大人の色気を感じる作品となっています。

「涙」は恋人たちの恋の始まりと終わりを「涙」というキーワードで歌った曲で、その情景が浮かぶような素敵なバラードはファンの中でも人気が高いです。

「幸せだった掛け替えのない日々、愛し合う二人に訪れた悲しく切ない別れの時、”あたたかな涙”を胸にそれぞれの道を選んでゆく」をコンセプトにした「涙」はGENERATIONSのメンバーたちも、まるで短編小説を読んでいる気持ちになると語り、Aメロから徐々に感情が高まっていくつくりになっています。

【GENERATIONSのバラード「涙」の歌詞】

「涙」で最も話題となったのは、その歌詞です。1つの曲の中で、喜びと悲しみ、2つの涙について歌った「涙」の作詞を担当したのは小竹正人さん。GENERATIONSの「Rainy Room」や「PIERROT」をはじめ、EXILE TRIBEの楽曲を手がけていらっしゃいます。

誰もが経験したことあるであろう、恋人との出逢いと別れをテーマにしたこちらの楽曲の歌詞は、「切ない」「泣ける」と多くのファンの共感を得て話題になりました。

GENERATIONSのヴォーカルをつとめる数原龍友さんは、「涙」を歌うときは、主人公になりきって、主人公の感情で歌うことを意識されているそうです。

ちなみに作曲を手がけたのは、EXILEの大ヒットシングル「ただ…逢いたくて」の作曲を担当された春川仁志さんです。春川仁志さんは他にもEXILEの「優しい光」の作曲を手掛けるなど、これまでにもたくさんの素敵なバラード曲を生みだしてきました。

【GENERATIONSのバラード「涙」ファンの感想】

「涙」は、泣けるバラードとしてファンの中でもとても人気が高いです。そのストーリー性の高い歌詞やボーカルの歌声に惹き込まれる人も多いようです。

ヴォーカルの片寄涼太さんと数原さんの表現力の高さにもファンはメロメロ!

ライブで披露した際のファンの感想もたくさんTwitterに寄せられており、どれも好意的なものばかり。ライブだからこそ聴くことができるオリジナル演出の評価も高いです。

【GENERATIONSのバラード「涙」のMV】

「涙」のMVは、今までのGENERATIONSのMVとは違い、踊るシーンがありません。GENERATIONSと言えば、キレキレのダンスが魅力ですが、「涙」のMVではダンスを封印し、メンバーのドラマシーンが満載です。それぞれ彼氏として、彼女役の女優さんと恋人の始まりと終わりを演じています。

今までなかなか見ることができなかったメンバーの演技は必見ですよ。その中でも、特に話題になったのが佐野玲於さんのドラマシーンです。

佐野玲於さんとは、その甘いルックスとかっこよすぎるパフォーマンスのギャップが魅力のGENERATIONSのパフォーマーです。

佐野玲於さんの注目の相手役は、大人気リアリティ番組「テラスハウス」で一躍有名になった斎藤夏美さんでした。モデルとしても活躍する斎藤夏美さんと佐野玲於さんのセクシーな恋人役にファンもどきどき!

「自分も同じようにされたい!」という声がTwitterではたくさん見られました。

GENERATIONSの他のオススメ記事

【GENERATIONSの「涙」まとめ】

(出典:pixabayより)

GENERATIONSのバラード曲「涙」についてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?フレッシュなイメージのGENERATIONSの大人の色気を感じられるバラード曲「涙」、ぜひ聴いてみてくださいね。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。