三代目JSBに続け!今最も注目すべきGENERATIONSの魅力

2/18(水)リリースの2ndアルバム「GENERATION EX」で初登場首位を獲得したGENERATIONS from EXILE TRIBE

1stアルバムリリースから2作連続首位獲得!ということで話題になっています。4/4(土)からは全国ホールツアー、そしてワールドツアーもスタートするGENERATIONS。国内に留まらず、世界へ羽ばたいていくということでますます注目が集まること間違いなし!

ということで、今回GENERATIONSの最新情報なども交えながら、今最も熱いアーティストGENERATIONSについてご紹介したいと思います。

GENERATIONSの魅力は音楽とダンス!

躍進が目覚しいGENERATIONS from EXILE TRIBE。その魅力を語る上で欠かせないのが音楽とダンスです。

デビューから少しずつ進化とも言える、変化をし続けているということにファンのみなさんは気づいていることでしょう。1st、2ndシングルでは、低音とソリッドな曲にキレのあるダンスの組み合わせという感じで、K-POPの雰囲気を見せていたのが印象的でした。かと思えば3rdシングルではジャズ・ヒップホップの雰囲気の楽曲に、ボーカル片寄のフレッシュな歌声、数原の厚みのあるボーカルで壮大なバラードを表現していました。

4th、5thでは高度なパフォーマンスでありながら、そこにソリッドなイメージの音楽性というGENERATIONSの色を打ち出す形となりました。6thではシンセの音が印象的でありながらも、どこかPOPな感じの楽曲で2人のボーカル、片寄&数原の魅力が満開!といった出来上がりになっていて、どことなくダンスにも余裕すら感じるような表現力が出てきています。

曲を出していく中で、GENERATIONSのカラーが出来上がっていく過程が見えるようでファンは楽しく見届けてきたことと思います。

GENERATIONSを支えるクリエーター軍団!

彼らを支えているクリエーター集団がすごいんです。Drew Ryan Scottの起用後に、Erik LidbomやBACHLOGICなど、だんだんとEXILEや三代目J Soul Brothersと同じ作家陣に移行して来ています。

GENERATIONS from EXILE TRIBEの現在形を作ったといっても過言ではないトラック・メイカーはSKY BEATZ。ジャパニーズ、ヒップホップ、J-POPなんでも来い!の心強い存在です。

もちろんダンスでも強力なサポートがあります。EXILE一族の「高難度だけれど振り付けが見やすいPV」を毎回手掛けている久保茂昭もしっかり付いています。

famと繋がるならシェアしよう!

みんなのコメント(コメント:1)

  • generations の仲良しエピソードまたは面白エピソードをまたやってください!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。